2009年09月02日

矢野絢也氏 最高裁勝訴確定

『黒い手帖』の裁判が結審した。上告棄却による矢野氏の勝訴が確定。
衆院選大敗直後の、何とも絶妙なタイミングるんるん
下野した創価学会・公明党にとって、組織の存続を揺るがしかねない大きな意味を持った敗訴となることを期待したい。

「仏法は勝負だ。正義は勝ってこそ証明される。」
(8/29 聖教新聞社説)

いやいや、本当に、いい言葉だバー


次項有矢野元公明党委員長手帳持ち去り訴訟 最高裁、上告棄却
矢野絢也元公明党委員長が、公明党の元国会議員3人に無理やり手帳を奪われたとして損害賠償を求めていた裁判で、最高裁判所は、元国会議員の上告を棄却し、手帳の返還と矢野氏への賠償を命じた2審判決が確定した。
(09/09/02 フジテレビ)

次項有<手帳持ち去り報道>矢野絢也氏の逆転勝訴が確定
最高裁第3小法廷(田原睦夫裁判長)は1日、元議員側の上告を退ける決定を出した。元議員側の請求を棄却し、「脅迫された矢野氏がやむなく要求に応じて手帳を引き渡した」と認定。矢野氏のプライバシーを侵害したとして、元議員側に慰謝料支払いと手帳の返還を命じた2審・東京高裁の逆転判決(3月)が確定した。
(09/09/01 毎日新聞)

次項有元公明議員3氏の敗訴確定=「手帳持ち去り」訴訟−最高裁
3人は元参院議員の黒柳明、大川清幸両氏と元衆院議員の伏木和雄氏。
一審東京地裁は2007年12月、3人の手帳強奪を認めずに講談社などに賠償を命じたが、二審東京高裁は今年3月、「家捜しをして無理やり持ち去った」と認定し、一審判決を取り消して請求を棄却。その上で、3人に手帳の返却と賠償を求めた矢野元委員長の訴えを認めた。
(09/09/01 時事通信)


手帳の返還に関して、矢野氏が、『矢野絢也氏から話を聞く会』で語ったところによると、
「高裁で返せという命令が出、仮に執行することができると、このように主文で書かれている。だから強制執行もできると。
礼儀上、今弁護士の間で任意にお返しをいただきたいと、書簡をもって二度三度とやりとりをしておって、つい先週だか、先方の代理人の弁護士から、こちらからの返還してほしいという要求に『応ずる意思はありません』という内容証明による回答がきて、判決に反してでも返さん、と。

返すなという命令がどこかから出ているのか、どっかへ持っていってしまっているのか、それは僕らには分からないことだが、まあ、いずれにしても法的な手続きでこれは返してもらうつもりだ。」


賠償金の300万円は、二審判決後に支払われているというのに、手帳だけは何があっても返したくないらしい。
はて?その理由や如何に?

個人的には、手帳はとっくに処分されているのではないかと思う。
創価学会にとって危険極まりない代物を、後生大事に持っているはずもなかろう。

しかし幸いなことに、矢野氏はご高齢ながらもご健勝であり、裁判で闘えるだけの気概をお持ちだ。

「陰でずっと小さくなって1人で殺されるよりは、これだけおおっぴらにやって殺された方が、これは死にかいもあるというもんだと思うし、今さらもう惜しいというわけでもない」

ここまでの決意がおありなら、裁判に勝訴した今、たとえ手帳が返還されなくとも、語るべき『事実』を語ってほしい。
矢野氏を応援する国民の期待を裏切らないでほしい、と切に願う。


ところで、聖教新聞は二審の判決を「不当判決」として、とっても小さく掲載したのだが、今回の最高裁敗訴確定は報じてくれたのだろうかexclamation&question


人気ブログランキングへ
↑ 創価学会問題を多くの国民に知らせるためにクリックお願いします
posted by ミル1000 at 21:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
わぁ〜〜い!!♪♪
パチパチパチパチパチパチパチパチパチパチ!!
  ↑
これお祝いの拍手ね。(^0^)/

矢野さん、よかったねぇ〜〜^^
やっぱ神様は見てるねぇ〜〜〜♪

う〜〜ん、あれだけ恐れられた・秘密を書いてる手帳ですもんねぇ〜。
手帖は処分された可能性が高いと思うなぁ。。
でも、そうなると奪った人達に別の罪が発生するんじゃないでしょうか?

どうなんでしょうね。


>ところで、聖教新聞は二審の判決を「不当判決」として、とっても小さく掲載したのだが、今回の最高裁敗訴確定は報じてくれたのだろうか

マズイ真実は報じるはずないじゃんね^^;。

創価池田氏のために・公明党のために悪い事をして、
それが当たり前の世界です。
悪い事をして、追求されると居直る。
反省などしないで、社会的視線にさらされてる都合の悪い事は「不当!」
と小さく呟く。
そりゃ、常識ある人は引くでしょうね。(笑)

それにしても、ミルさん
よく聖教新聞読まれますねぇ〜^^;。

ウチは妻が幹部で、家族3人で私は頼んでないのに何故か3〜4部入ってますが、これも創価押し売りの狂った日常ですが、私は気分を害するので読みません。

同じ読むなら、人の優しさが奇跡を生むような感動秘話を読みたいです。
その気持ちの波動が、また日常で人に優しく出来る因となるような
少しでも魂が向上するような・そんな気がします。
Posted by kan at 2009年09月03日 00:22
kanさん、こんにちは。

普通、新聞って「一家に一部」ですけど、聖教新聞って何故か「一人一部」が常識ですよね。「一人3部、4部」の人も結構いたりして、摩訶不思議な新聞です。

私は、買うほどの価値を認めていませんので、いつも「聖教ネット」からの引用ですが、彼に借りたことも何度かあります。
聖教ネットにしろ紙面にしろ、「突っ込みどころを探す」目的でしか見てませんけどね〜。

裁判の記事は、とある学会員さんに会った時に、たまたま掲載されていたんですよ。確か、3月28日の聖教新聞です。
Posted by ミル at 2009年09月03日 13:34
貴重な情報ありがとうございます。
最高裁で矢野さんが負けるのではないかと思っていましたが、これぞ諸天の御計らいでしょうか(笑)。
しかし、もう手帳は処分されているのでは?
矢野さんには徹底的に学会と戦って欲しいですね。

遅くなりましたが、引っ越し先のブログリンクありがとうございました。
Posted by ウトロ at 2009年09月03日 18:30
ウトロさん、
こんばんは。お久しぶりです。
私の方こそ、新ブログでまた勉強させていただけることに感謝しています☆
先日、某地区幹部さんに、ウトロさんと運ちゃんさんのブログを「役に立つからオススメ!」と紹介させて頂いたんですが、読んでくれてるかな・・・。
非学会員の私にとっても、もちろん勉強になるんですけど、学会員の方にこそ読んでほしいなと思っています。

矢野氏の手帳、やっぱりもう灰になっちゃってますよね〜。。。
Posted by ミル at 2009年09月03日 20:26
ご無沙汰をしておりました。
強制執行がかなうなら、是非矢野氏には
灰になった事実をさらけ出して欲しいですね。そうでなければ勝訴の意味がありませんね。
Posted by 妙 at 2009年09月04日 11:56
妙さん、お久しぶりです。
お変わりありませんか?

確かに、竹入氏の様な選択だけは避けてほしいところです。
http://www.47news.jp/CN/200812/CN2008120401000826.html

とあるブログのコメント欄で拝見しましたが、『選挙後、学会では『秋季友好週間』と銘打って10日までお休み期間に入りました。会合は一切行わず、会館も閉館している地域もあるようです。』とのこと。

衆院選は惨敗するわ、裁判は負けるわ、学会本部も会合どころじゃないのかもしれませんね。

今後の対応を見守りたいと思います。
Posted by ミル at 2009年09月04日 18:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31809728

この記事へのトラックバック