2009年08月27日

矢野絢也氏から話を聞く会

少し古いが、お気に入り登録していたiZaの記事よりご紹介。

■矢野氏から話を聞く会(1)
青年部のトップ5人からホントにつるし上げのように、極端な話『土下座せい』と(言われた)。
その明くる日、公明党のOBがきて、簡単にいうと脅し、すかし、おだて。で、挙句わたしの30年間、まあ40年間ですね。100冊の手帳をよこせと。
前後4回訪問があり、手帳や資料を家捜しして持っていった。
挙句、私が相当弱っただろうという状況で、『家を売って2億、3億の寄付をせよ』と。

■矢野氏から話を聞く会(2)
手帳を返してほしいというわけで、高裁では逆転判決、私の勝利、と。しかも、『学会が関与しておる』と。手帳強奪に。
東京高裁では明示的に、つまりあからさまに、あるいは暗示的に遠回しに学会の関与をちらつかせながら、私を威迫したと、そういう趣旨の判決文になっておりますので、学会もこの手帳強奪についてはしらん、ということは言えない。
私は、30年40年、学会とともにおり、言論妨害問題その他いろんなことを見てきたが、やはり今、創価学会・公明党はいい意味でも悪い意味でも曲がり角にきておると思っている。

■矢野氏から話を聞く会(3)
公明党の議員、池田先生が師匠であると、我々は弟子である、と。弟子は師匠のために命を投げ出してでも仕えなくてはならない。
原点の指導は、この師弟の道。これが、我々学会員の原点であり、公明党の原点ということになると思う。

宗教的価値観、あるいは宗教的排他意識、あるいはそれを憎悪心にまで転換して選挙で対立候補を貶めるということになる。
要するに宗教的価値観、つまり絶対的な価値観によって、本来相対的な価値観である政策、政治を支配していくと、それが一番恐ろしいことではないか。

陰でずっと小さくなって1人で殺されるよりは、これだけおおっぴらにやって殺された方が、これは死に甲斐もあるというもんだと思うし、今さらもう惜しいというわけでもない。

(2009/7/2 産経新聞より)
posted by ミル1000 at 20:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>『家を売って2億、3億の寄付をせよ』と。

矢野さんのインタビューや「黒い手帖」では、あぁ・そんなもんだろうなぁ。。
池田教は・・・という思いで大した驚きではなかったのですが、この言葉には正直呆れましたね。

改めて、ここまで狂った危険な狂団になってたか!という実感でした。
竹入さん矢野さんも、池田氏のため・創価のため・公明党のために身を粉にして長年働いてきた方です。

「宗教の党」といらぬ憶測をたてられ、様々な邪魔をされ、その中で他党の委員長ならやる仕事じゃない宗教団体創価を守る働きも懸命にされてきた。
この方々のおかげで、池田氏の膨大な個人資産や創価の不祥事も表ざたにならず今があります。

池田氏にとって、この二人は大恩人です。
この方々じゃなければ、創価組織も池田氏も今の地位は絶対にありません!もしかすると犯罪者と犯罪組織になってたかもしれません。

そんな大恩人を信じれず、恐喝し手帖を奪う!

さらにまた恐喝的莫大な寄付の要求!

これが創価公明の姿です!

池田氏の根性です!

聖教新聞では、「内外の多くの人達が見るのに・よくまあここまで罵詈雑言が言えるものだ。。常軌を逸してる!」と思わせる竹入氏の悪口を連日のように載せ、大昔の学歴詐称で裁判まで起こす。
その学歴も、池田氏の指図ですとの内部告発もありました。

矢野さんは、同時中継で罵詈雑言です。
内外が見る機関紙では印象が悪いので、そういう会合で罵倒するのです。
私はあまりの非人間的な発言に吐き気すら覚えました。

組織では、矢野さんは「反逆者!」と呼ばれています。
何故でしょう?

池田氏のため・創価公明のため・長年辛酸を舐めて苦労をして守ってきた方が、何故・反逆者なのでしょう?
矢野さんのそういう懸命な仕事は、多くの方々が知っています。

人が自由に発言するのは、人として当然の権利です。
気に入らない事を言われれば、隠れてる真実を言われれば都合が悪いから攻撃する!
それが創価公明の世界!
改めて実感する次第です。

創価学会には・公明党にはガッカリした・・
そういう方々も内部に増えています。

「黒い手帖」やその他、創価の汚辱に塗れた真実・・
「全てデタラメです!!」と組織で叫んでも、もう様々な事が真実として明るみに出始めてます。

何一つ客観的説明もなく・毎年の非課税の数千億円の寄付の用途説明も
一切なく、ただ狂ったように「デマだ!」・「師匠を守れ!」と言われても、
もう信用できません。

地方から「都議選」のため、はるか遠い東京に、そして今月は大阪に
幹部の妻は行きました。
妻は働かず、活動一本ですが・なので家経費を持ち出すので、
ローンの支払い予定が狂い、とても困りました。

もちろん、誰も助けてなんてくれません。
創価は煽るだけで、あとの責任は一切取りません。
全て、組織から軽んじられてる私がするしかありません。
もの凄く困りました!!

ここまで会員の家庭を壊すまで、選挙応戦させる。
「先生にお答え!」・「今こそ正義の法戦!」などと、宗教活動として
目標まで決めて幹部を煽る。


こんな政党が存在していいのか!

こんな政党に投票していいのか!

今、本当に心からそう思っています。
30年、手弁当で公明党を応援してきました。
懸命に全ての知人に頼み、「票」取りに走り・会社を休んだことも数多くありました。そこまで、創価組織は要求するのです。

しかし、今・心から後悔しています。
公明党は懸命に応援してくれた人の、陰の苦労や生活の破綻を見て見ぬふりをします。他党のほうが、人間の血が流れてる!

私が今まで体験した事
そして今も体験してる事
そのまま述べました。

このブログをご覧になった方々。

どこに投票しようと、もちろんご自由ですが、創価からの常軌を逸した公明党の応援要求で、生活が圧迫し困ってる数多くの人達がいる現実を、
どうか知って戴きたく切望いたします。
Posted by kan at 2009年08月27日 23:26
学会に誠心誠意尽くしてきたからこそのKanさんの怒り 
私も全く同じ気持ちです
Posted by ジョー at 2009年08月28日 00:09
ジョーさん

どうもありがとうございます!m(_ _)m
Posted by kan at 2009年08月28日 09:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31657876

この記事へのトラックバック