2009年08月16日

激ヤセ進行中!

今朝、体重計に乗ってビックリ目
40kgの大台を割ってしまった・・・がく〜(落胆した顔) これは大変あせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)
夏バテで食欲減退バッド(下向き矢印)と自分に言い聞かせてきたけど、やっぱり精神的な疲れが大きいみたいだ。

13日〜14日にかけてUPした記事「公明党市議に聞いたこと」が影響しているのか、アクセス数が急増右斜め上 ブログランキングも上昇右斜め上
8/16現在、OL部門で7位(133件中)、働くヒト部門で30位(1696件中)、日記部門で295位(8211件中)。(←記念に書き留めておきたくて!)

応援してくださる皆様、本当にありがとうございますぴかぴか(新しい)
そして、ご心配くださる皆様にも心から感謝しています。

思ってもみないことだったが、自分のブログが注目されることには、嬉しい気持ちと同時に相当の緊張感が生じる。

先日、マンションの部屋に篭って記事を書いていたちょうどその時、珍しくインターホンが鳴った。モニターで確認すると、知らない男。目つきが悪い。新聞勧誘だろうと思い完全無視。5分ほどして、またインターホンが。モニターには先ほどと同じ男。モニター越しに睨み付けられている様に感じた。なぜ2度も呼び出すのだろう?部屋にいる事が分かっているのだろうか?
そう言えば、数日前の22時前後に、オートロックをすり抜けて玄関のチャイムを鳴らした人がいた。初めてのことだった。玄関先に来られるとモニターでの確認ができない。
普段は然程気にしていない事でも、疑い出せば全てが疑わしく思えてくる。

私が創価学会に関る中で、当初から一番心配してきたのは、実家に迷惑をかけることにならないか、ということ。
けれど、心配すべきなのは実家だけではなかった。
先日、ブログでチラシ配布の呼びかけをしたところ(記事は削除済)、読者のお一人から軽率な行為だとお叱りを受けた。
周りが見えていないのは学会員だけではない。私も同じだと気付いた。

もし今、私のブログで被害を蒙る人がいるとしたら、創価の彼もそのうちの一人となる可能性がある。
一昨日、彼に私の懸念を伝えた。実際に起こっている学会員と批判者の間のトラブルを話し、彼自身にも注意を促した。
けれど、彼は「創価はオウムの様なカルト集団じゃない。」と、私の話を信じようとしなかった。
思えば、ずっとそうだった。
私が裁判敗訴の事実を伝えても信じず、本部長さんが彼の目の前で敗訴を認めると、一瞬でそれを信じた。
私が公明党に関する新聞報道を伝えても、部長さんが「その記事はデマだ」と言えば、その言葉を信じた。
公明党市議Kさんの話しも「ミルの解釈の仕方が違う」と言い、Kさんの言い訳を信じた。
挙句の果てに、「ミルがネットで連絡を取り合っている人たちには気をつけた方がいい。」と言い出した。
「誰のことを言っているの?」と聞くと、
「創価を批判している人と連絡取り合ってるんでしょ?」と。

以前、ブログに書き込まれた学会員の中傷的なコメントについて話し、
「会合でばったり会って私だとバレたら襲われそう」と言ったことがある。
その時の彼の反応は、ノーコメント・沈黙だった。
けれど、私の文章に賛同し、わざわざコメントやメールで情報提供してくれたり、身辺の心配をして下さる方々には『気をつけろ』と言うのだ。

彼には、感謝している。
私のアンチ活動を承知しながら、私を会合に連れて行き、また、信頼できる人を紹介してくれた。彼の協力がなければ、このブログもあり得なかった。

けれど、彼を利用するのはもうやめなければ。
彼に「今までありがとう」と伝え、連絡先を全て消去した。
そして、本部長さんに私の心配事を伝え、本部長さんのご判断で彼に注意を促してくださる様お願いした。
「彼の為に必要とあれば記事を取り下げる」という事も伝えている。

公明党市議のKさんは、私に繰り返し言った。
「創価の信仰でなければ最高の幸せはない」
「他の宗教では、創価で得る幸福には劣る」
と。

私は何度も確認した。
「他の宗教でも幸せな人はたくさんいますよね?」
「創価の中にも、不幸を感じて、疑問を感じて脱会する人はたくさんいますよね?」


ここまでは、Kさんも納得される。
けれど・・・
「創価でも、他の宗教でも、人は幸せになれる。それを認め合って共生していけばいいのではないですか?」
これには頷いてくれないのだ。

そして、話しは振り出しに戻る。
「創価の教えでなければ、最高の幸せを得ることはできない。」と。

創価学会の人がそう思われるなら、それもいい。
けれど、他人の幸せを、あなた方はどう判断するつもりなのか?
幸せの優劣を、何をもって判断できるというのだろうか?

生命の生涯は、幸と不幸・喜びと悲しみ・苦楽が織り重ねられたもの。
この世に生まれては消える星の数ほどの生命の生き様を、「創価」という小さな小さな枠にはめて、その幸福の度合いを測ろうとする。
その行為自体が、狭く閉ざされた世界の囚人になってしまった証なのだということに、どうか気付いてほしい。


人気ブログランキングへ
↑ 創価学会問題を多くの国民に知らせるためにクリックお願いします
posted by ミル1000 at 10:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
>けれど、彼を利用するのはもうやめなければ。
>彼に「今までありがとう」と伝え、連絡先を全て消去した。
何で宗教絡みのことはこんなに悲しいことが起きる?人のため、幸せのための宗教なのに。。。
体お大事に。
Posted by 隠す at 2009年08月16日 14:07
創価問題に積極的に取り組んでた東村山市議の朝木明代さん。
この方の飛び降り自殺は、実は創価が絡む「殺人事件?」の可能性が高いというのは有名な話です。

富士宮市の創価墓苑開発。
その反対派の家にヤクザがダンプで突っ込み、反対派の人の片腕を切り落として鎮圧した話もありますよね。
ヤクザへの取次ぎをしたのが公明党議員で、そのことはすでに幾つかの本になって記載されてました。
この話は私より世間の人のほうが、よく知ってました。

元公明党委員長の竹入氏や矢野氏への狂ったような弾圧など、創価問題を追求する人への妨害は半端じゃないです。

時の流れと共に、いろんな不祥事や事件が明らかになってます。
今はネットで瞬時に情報が得れます。
数十年創価の中にいる私自身、驚くことも多いです。

多少の矛盾は活動家の頃から感じてましたが、ここまで腐ってるとは!と驚く事があまりに多いです。
もう何をするかわかったもんじゃない!
そういう危険をはらんだ団体です。

ミルさんは外に出て創価問題を叫んでるわけじゃなく、ブログに書いてるだけなので暴力的リスクは低いと思いますが、気をつけたほうがいいと思います。
学会員も穏やかな方もいますが、危ない方もいます。


>「創価の信仰でなければ最高の幸せはない」
>「他の宗教では、創価で得る幸福には劣る」と。

これは信じがたいです。
幸せになれる!福運がつく!悠々たる境涯になる!
そう言われて、それを信じ盲目的に人生の大切な時間とお金を費やし活動を続ける会員の方々。

数十年間そういう方々を見てきましたが、私の周りで人格的にも生活環境的にも向上した方は1人もいません。
逆に、倒産や大病で苦渋の人生を歩んでる会員さんは数多くいます。

もちろん池田創価は助けたりしません。
全て「自己責任」として背を向けます。
それでも、その会員さんが「これでいいんだ!幸せなんだ!」と思うならそれでいいのかもしれませんが、人を救う宗教とはとても呼べるものではありません。

「出陣式」という会合の案内がきています。
選挙対策の会合です。
選挙前は毎回そうです。
何故、信仰組織にここまで選挙を入れるのか?
信仰や宗教を利用した「票」集めです。
本来の信仰や宗教とは全く関係ないと思います。

ただ、「組織としては公明党を支援してるので、よかったら応援して下さい」とPRするのは、これは理解できる範囲なのですが、宗教活動として押し付けるのは間違ってると思います。

創価じゃなくても幸せな人生を生きてらっしゃる方々は、数多くいます。
創価の中で不幸な人生を歩んでる方々も数多くいます。
もちろん、創価の中で幸せな人生を歩んでる方もいらっしゃると思います。

私は宗教は本来・・・必要ない気がします。
ただ、人生生きてると思わぬ事があり・苦悩にあえぐ時もあります。
そこに「宗教」があれば、それはすがる気持ちが起きて当然です。
そういう「心情の絡み」があり、宗教が存在し続けてると思います。

でも、人は弱いけど・でも強さもあります。
時には宗教団体を参考にしても、団体に属さないほうが自分らしさがある人生を歩める気がします。

で、少しヤセすぎのように思います^^;。
睡眠不足にならないようにお気をつけ下さいね。(^0^)
Posted by kan at 2009年08月16日 14:45
なんとまぁ、痩せるのは羨ましい気もしますが、ちょっと軽くなりすぎですよ〜。それに心労で痩せるのは、健康的な減量と違い、体の中にも影響が出てきそうです…。
消化のいい果物など召し上がって、お体大事にしてくださいね!
とはいえ、私も服のサイズが2サイズダウンしました…。元々ぽっちゃり系(笑)だったので、今で丁度いいからいいんですけどね。

創価学会は組織的犯罪を是とします。そういう集団をナメてはいけない。
過ぎるくらい用心して、注意を払ってください。単なる嫌がらせレベルなら、そこら中に転がっているのですから。
ブログランキングにも現れるように、ミルさんはアンチ界のニュースター(笑)ですから、どうかお気をつけて。
って、プレッシャーをかけるわけじゃないですからね。今まで通り、気負わず思うままのブログ運営を続けてください♪

公明党市議さんとの話は完全に創価ループに陥っていますね。
一つどこかで頷いてしまうと、そこから雪崩のように「正しい」という前提が崩れてしまうので、ループせざるをえないのでしょうが…。

>彼に「今までありがとう」と伝え、連絡先を全て消去した。
何だかんだと言ってずっと心配なさってたミルさん。ミルさんの決断は、清々しく、そして悲しいものがありますね。
でもミルさんの態度はいつも誠実で、その上で行動力があり、私の憧れです。
私はこれからもそんなミルさんを応援します。
Posted by クロ at 2009年08月16日 15:28
隠すさん、kanさん、クロさん、いつもありがとうございます。

以前もブログに書きましたが、マインドコントロールされた、たった一人の人間を脱会に導く為には、相応の忍耐、先の見えない時間、挫折に耐える精神的強さ、自分を支える確かな知識など、とても大きな負担を背負わなければなりません。相手を想う無条件の愛情がなければ出来ないことだと思います。

彼は、私が創価に関わることでどんなに傷ついたとしても、創価と創価学会員を正当視します。私が傷ついて涙を流していても、創価が正しいと言います。

彼のせいじゃないのは分かっています。でも、それに耐えられなくて、逆にキツイ言葉で彼を責めて、自分が傷ついたのと同じように相手を傷つけてしまう。
これじゃあ何も解決しないどころか、永遠に迷宮入りです・・・。

連絡先は、思い切ってバッサリ消してしまわないと、未練が残って、ほとぼりが冷めた頃にまた連絡してしまうから、なのです。

隠すさん、彼女のよき理解者でいてあげてくださいね。
kanさん、運ちゃんさん方も来てくださいました。ありがとうございます。
クロさん、私の方がクロさんの強さと優しさに憧れています。本当の優しさって、クロさんの様に負けない人の事だと思います。
Posted by ミル at 2009年08月16日 20:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31343130

この記事へのトラックバック