2009年08月13日

公明党市議に聞いたこと vol.2

続いて、「十界論」について。

Kさんからも説明があったが、より正確に、手元にある「折伏教典」(昭和39年版 P40〜42)から抜粋しておく。

1)地獄:子供に死なれる、借金に悩む等の煩悶、懊悩(おうのう)するその苦しみを心に感じ、肉体および生活に現ずること
2)餓鬼:欲に支配された貪りの状態、満足を知らない生命
3)畜生:強い者を恐れ、弱いものをあなどる、イヌ・ネコ同様の生命に支配されること
4)修羅:心が曲がっているため、すぐにカッとなり、腹立ちの状態にみちているとき

以上が四悪道といって、これに支配されている生活には、絶対に幸せはない。

5)人界:平らかな生命の状態
6)天界:願いが叶ったときに有頂天に喜ぶ状態
7)声聞:ある理論をつかみ、理解がでてくる時に喜びを感じ、その思想をもって人生観とする状態。インテリ階級。
8)縁覚:名人じょうずの心境等。一分の理を縁によって悟った者。
9)菩薩:自分の徳性を発揮して、社会のために尽くす働きを、心や肉体に表したとき。
10)われわれが信心し、折伏をするのは、永遠の生命観を証得し、ゆるがぬ幸福生活を実現することが目的であり、この状態を仏という。

よく問題視される十界論は、初刊の折伏教典(昭和26年発刊 P42〜44)のもので、以下の通り。

1)地獄不具者、病者、狂人、ルンペン、邪宗教の坊主及び信者
2)餓鬼下級労働者、衣類住居まではとても手が届かず、毎日毎日の生活が食を得る為に働いているような人々。アルコール患者。拝金主義者。性格異常者。
3)畜生:パンパン、不良、泥棒、スリ、その他犯罪者。
4)修羅:兵隊、警官、拳闘家、将棋、碁を職業とするような、人と争う人間。
5)人界:普通平凡に生活している市井人。
6)天界:大金持、元の皇族、貴族、一国を動かしている大政治家、経済家、偉大な軍人等々。
7)声聞:学者、研究家、学生等。
8)縁覚:大作曲家、音楽家、芸能上で一芸の奥義に達した者、何かの研究を完成した学者等。
9)菩薩:二宮尊徳の如く広く社会を利益した者。偉大な発明発見 により広く社会を利益した者。仏法を広め、衆生に救を与えた人々。
10)日蓮大聖人(御本仏)、釈迦(迹仏すなわち影の仏)、天台(迹仏)、伝教大師(迹仏)等


Kさんには、ネットサイトにある後者の説明をお見せしたところ、
「私の説明と殆ど一緒ね。」と、PC画面を見て頷いておられた。

私は、動物が大好きなので、動物を軽視した「畜生」の説明には、かなりムカッときていたのだが、
「犬猫の動物は、人間以下ということですか?」と尋ねると、
「もちろんですよ。だから、犬も猫も人間に従うでしょう?」と返ってきた。
Kさんは、動物を愛したことがないのかもしれない。
思い遣りの心も、人間にしかないのだと言う。
創価学会にいると、こんな悲しい人格になってしまうのか。

私は、人間など足元にも及ばない、動物達の生命の清らかさを知っている。
共に暮らした犬の、私達家族に対する思い遣り、愛情を知っている。
17年間私達に寄り添ってくれた愛犬は、最期に、家族の帰りを待っていたかの様に皆の気配を感じると、それから安堵の深い息をつき、静かに永眠した。
Kさんの様な人には、縁のない話だろう。

(参考)Wikipedia 十界

(vol.3へ続く)


人気ブログランキングへ
↑ 創価学会問題を多くの国民に知らせるためにクリックお願いします
posted by ミル1000 at 22:29| Comment(5) | TrackBack(0) | 学会訪問記録
この記事へのコメント
1)〜4)の説明ですが、まるで池田大作氏そのものじゃないですか!(笑)
いかに池田氏が狂ってるかの証明のように感じます。
数え切れない方々が、そう実感されてることでしょうね。
現実に宗門から切られた創価学会は、日蓮正宗じゃなく「池田教」なのですから。

この2つの「折伏教典」、よく手に入りましたねぇ。
貴重な本です。
いろんな意味で未来への証拠にもなります。

>「私の説明と殆ど一緒やね。」

私も唖然としました。
この方は人間的におかしいと感じます。
相手にされないほうが賢明だとオ思います。

動物には動物の役割というものがあります。
犬も猫も他の動物もそうです。
その役割は我々人間では、決して出来ない役割なのです。
そういう役割で、この世に生まれたのです。
それが神様の・宇宙の意思だと思います。

生きとし生きるものたち・全て尊い存在なのです。
お互いに助け合い、支えあって生きています。
その調和は神様の・宇宙の意思なのです。
その調和させうる力・法則、全てを育む法則が「真実」であり、「唯一のもの」であり、「神様」だと私は感じています。

でもね、公明党の議員さんにもいい人はいます^^。
とても親切で人柄も良くて、人格も感じさせる・・・
そういう方も中にはいらっしゃるのです。

もちろん学会員なのですが、「ホントに学会員ですか?違うんじゃないの?」と尋ねたくなるような気持ちになります。(笑)

でも、そういう方は珍しいです。
めったにいません^^;。
創価の害毒に染まってほしくないなぁ。。と心密かに思っています。
Posted by kan at 2009年08月13日 23:32
kanさん、こんばんは。
折伏教典の引用ですが、前者は学会員さんからお借りしている現物があり、昭和39年改定版から引用しています。
後者がよく問題視される十界論ですが、昭和26年初刊の折伏教典に記載されているもので、これはインターネットからの引用になります。
初刊の折伏教典は、手に入れることは難しい様です。
同じ十界論を説明するのに、これだけガラリと内容が変わっているのは何故なんでしょうねぇ。

>お互いに助け合い、支えあって生きています。
私もそう思います。けれど、創価には「相互扶助」と言う考え方はないんですって。Kさんは「ありません!」とキッパリ断言なさっていました。「全て自己責任です!」って。だから「互いに矯正し合う必要もない」そうですヨ。
Posted by ミル at 2009年08月14日 01:27
私は昭和42年版の折伏経典はもっていますが、初期の折伏経典について、もっとみてみたいですね。
折伏経典をネットでみられたということですが、差し支え泣けば、そのアドレスを教えて頂けませんでしょうか。
Posted by おじさん at 2011年10月19日 16:33
創価学会幹部の年収一覧(平成5年度〜7年度まで)
※現在では税務署の公示が廃止されています。
池田大作(名誉会長)
平成5年度の所得 4億円 (納税額 1億3551万円)
平成6年度の所得 7億円 (納税額 2億4109万円)
秋谷栄之助(会長)
平成5年度の所得 5770万円 (納税額 1886万円)
平成6年度の所得 5500万円 (納税額 1810万円)
平成7年度の所得 6213万円 (納税額 2050万円)
森田一哉(理事長)
平成5年度の所得 5424万円 (納税額 1758万円)
平成6年度の所得 4850万円 (納税額 1550万円)
平成7年度の所得 4889万円 (納税額 1560万円)
八尋頼雄(副会長)
平成5年度の所得 5070万円 (納税額 1627万円)
平成6年度の所得 3748万円 (納税額 1138万円)
平成7年度の所得 3810万円 (納税額 1161万円)
上田 雅一(副会長)
平成5年度の所得 3889万円 (納税額 1190万円)
平成6年度の所得 3587万円 (納税額 1045万円)
青木 亨(副会長)
平成6年度の所得 3635万円 (納税額 1024万円)
Posted by tokumei at 2015年02月14日 19:33
『折伏教典』戸田城聖監修・創価学会教学部編纂(昭和29年9月10日)より

地獄界―不具者、病者、狂人、ルンペン、邪宗教の坊主及び信者  
餓鬼界―下級労働者、衣類住居まではとても手が廻らず毎日毎日の生活が食を得る為に働いて居るような人人。
アルコール中毒になつて酒が無ければ生きて行かれぬといった人間、金をもうける為には手段を選ばぬという拝金主義者、其他何んでも目についたものが欲しくてならぬという様な性格異常者。
畜生界―パンパン、不良、泥棒、スリ、其他犯罪者。自分より強い者には絶対に従順で自分より弱い者にはいばるという人格の低級な人間。  
修羅界―競輪競馬バクチ等を事として居る人間、兵隊、警官、拳闘家、将棋、碁を職業とする人の様に常に人と争う人間。  
人間界―普通平凡に生活している市井人。  
天 界―大金持、元の皇族、貴族、一国を動かしている大政治家、経済家、偉大な軍人等々。
声聞界―学生、研究家、学者等。  
縁覚界―大作曲家、音楽家、芸能上で一芸の奥義に達した者、何かの研究を完成した学者等。  
菩薩界―二宮尊徳の如く広く社会を利益した者。偉大な発明発見により広く社会を利益した者。
(例えばエジソン、ワット、湯川秀樹博士、支那に生れた孔子等)さらにすぐれた菩薩界は正しい仏法を廣め、衆生にすくいを與えた人々。
仏 界―日蓮大聖人(御本佛)釈尊(迹佛)天台(迹佛)伝教大師(迹佛)等。
Posted by 匿名 at 2015年07月16日 08:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31282600

この記事へのトラックバック