2009年08月09日

真心の最低額

創価学会の広布基金(財務)については、以前も記事にした事がある。
(6月6日「広布基金(財務)を考える」参照)
今日の記事をお読み頂く前に一度目を通して頂ければと思う。
先日、8月6日の記事「お釈迦様の真意はどこに」でも、財務という名の物質的供養が法華経の思想に反していることに触れた。

今日は、再度「供養」のあり方について考えてみたい。学会員の方々にも、どうか一緒になって考えて頂きたいと思う。

まず、kanさんに頂いたコメントをご紹介する。
「学会を守る全会一致」のコメントより一部転載)

==============>
内外共に悪名高い「財務」という名のタカリ。
毎年、夏くらいに申し込みを募集します。納金は冬です。振り込み票が来るのです。
希望者なんていうものじゃなく、幹部が積極的に推進するのです。
もちろん目標もあります。一般会員には波風が立つので言わず、幹部に言って強烈に寄付の推進です。

一口1万円です。
「気持ちのご供養なんです。」そう言いながら、100円ではダメ! 千円ではダメ!必ず一口1万円なのです。
何口も要求する話を幹部はします。
池田教となった創価は「幾らでもいいんです。真心でいいんです」という常識的な言葉はありません。あくまで一口1万円です。

それ、会則にはありません。会則にあるのはキレイ事だけです。
会則にない寄付を、金額を決めて要求し、その説明が一切ないのです!

記念の会合では「広布基金」という封筒を用意してて、会員さんはそれにお金を入れます。その金額も用途の説明も一切ありません。
以前に、会館の職員が遊びのお金欲しさに、そのお金を使い込んで県外に左遷された話を聞きました。もちろん会員さんたちには、そういう話は秘密にしています。

大変な世の中で、家族を養おうと大変なのですが、創価はそれはどうでもよくて、組織が望む成果を上げる人が立派なようです。
そういう成果をあげて、人生や生活環境が破壊した活動家、悲惨になった活動家・・・かなりいらっしゃいます。
池田大作氏は助けません。

毎年、数千億円の強制的寄付が創価に集まります。非課税なので、もう好き勝手に使えます。全ては池田氏が自由に使うのでしょうが、苦労して寄付したお金の用途は一切明かしません。

大変な思いで寄付した、そのお金の使い道は一切明らかにしない。
これほど、人を愚弄した行為はないと思います。

<==============

kanさんご自身が、財務の為に大きな借金を背負われたことがあるそうだ。kanさんのコメントは噂話ではない。実体験に基づいている。
クロさんも、財務の辛い体験をブログに綴っておられるし、ネットにはこうした体験が山の様に綴られている。

創価の彼は、「学会はお金がかからない」と自慢げに言う。本当か嘘かは知らないが、財務を強要された事はなく、寄付もしていないらしい。

なので、kanさんの様な創価学会がごまんと抱える財務の問題を話して聞かせても、まず信じないし、たとえ学会内で起こっている事だとしても「学会にもいろんな人がおる」と言い、自分には無関係な事として片付け、忘れようとする。

彼の所属する男子部本部長Aさんにしても、同様だ。
結局、見たくないものに蓋をして目を逸らし、自分と自分の周りさえ幸せであればそれで良いのだ。
彼らの描くユートピアの幻想から脱落した者は、そこから切り捨てられるだけなのだ。

多くの学会員は、「苦しくても、苦しい時だからこそ財務をする。」「自分が望んでそうしている。」と言うかもしれない。

けれど、借金をしてまで、家庭を犠牲にしてまでする財務が、創価の教えではないはずだ。
では何が彼らにそうさせるのか?
組織そのものが、誤った選択を扇動している実情があるのだ。

「誤った財務をする人を諌め、それを見過ごす学会員・煽り立てる幹部に対し、臆することなく正論を貫くことができる人間」と、「自発的な行為だからと、黙って仲間の過ちを見過ごす人間」の、どちらに正義があると言えるだろうか。

学会員の方々、大きな組織の流れに身を委ねることで自分を変えることなど出来はしない。本気でそう望むなら、毅然とした態度で正義を主張する、あなた方ひとりひとりがそうあるべきだと、私は思う。また、そういう組織でなければ、社会との溝はますます深まるばかりだ。

「自分には関係ない」と目を背けた時点で、あなたは最早、宗教人ではない。
ただの偽善者に過ぎない。


人気ブログランキングへ
↑ 創価学会問題を多くの国民に知らせるためにクリックお願いします
posted by ミル1000 at 20:25| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ミルさん
私の拙いコメントを尊重して戴き、ありがとうございます。m(_ _)m

記載の内容は全て事実です。
しかも、あまり刺激的にならないよう・やや遠慮ぎみな表現で書いています^^;。

私は非活動家ですが、以前はバリバリの活動家でしたし、創価に長くいるので組織内に友人や知人も多いです。
その中には幹部も何人もいます。

本部幹部以上の会合では、「聖教と財務はどんなことがあっても絶対に減らすな!」と叫ばれています。
参加者から直接聞きました。

なので、そういう打ち出しのもとに、支部や地区に・ややオブラートに包む表現で、さも寄付が無理してもお金を出す事が信心の功徳があるような口ぶりで、指導が回るのです。
宗教の名をかりた「タカリ」そのものです!

その中には、必ず「財務を頑張ってこんな功徳を頂きました!」という体験を入れるのです。
功徳が欲しい会員さんたちは、また無理をし続ける。。。。
生活費のバランスは崩れます。
商売してる方も大変です。
もちろん、結果として会員さんが困っても、組織は一切助けません。

寄付をすれば功徳がある
寄付をすれば福運がつく

信仰はそうじゃないでしょう?
本来、お金とは無縁です。

生きるための空気も水も魚も肉も太陽の光も植物も、
全て地球にあったもの。
それらを加工流通のために費用がかかってるだけです。

その中で、人は育まれ・学び様々なモノを研究創造し発展してきました。
本来は人はそういうことが出来る生き物として、成り立っています。

もし「恩」というなら、そういう根本の宇宙や神々にたいする「恩」なのです。
しかし、宇宙や神々は決して「恩」など要求しません。
ただ、育むだけです。
そのことに感謝し、生きることが人として大切だと確信しています。

宗教利用の団体に、押し付けられて会則にもない1万円を支払うくらいなら、神様や宇宙に感謝しながら美味いご飯を食べ・美味いお酒を飲み、「こうやってまた頂けました^^。ありがとうございます♪」と天を仰ぎ微笑みながら感謝するほうが、人間らしい行為だと思います。

妻は婦人部の幹部です。
飯は晩飯しか作りません。

私が仕事でどんなに疲れて帰っても、私のたこの14年間お風呂を沸かしたことがありません。
いつも私が自分で残り湯を捨てて、自分で洗って・湯を溜めて入ってます。
晩飯を作るのは、活動後のPM9時です^^;。
あまりに当たり前の事を今更、注意する気ににもなりません。
なので、池田教に呆れる日々です。

まあ、それはともかくとして、そいうことを良しとする池田教婦人部の財務活動なんですが。。。。

やはり、財務という会則にない「一口1万円の寄付」の増加をはかってるようで、私が知ってる非活動家の家庭にも行って盛んに薦めたようです。
その奥さんが後日、私に「ご熱心ですねぇ〜、でもね、この不況下でもウチも教育費やいろいろ大変だしねぇ〜、それくらいはわかって欲しいものだわぁ。。。」と仰いました。

誠にもって、そのとうりですわ^^;。
それが婦人部の活動です。
家族として、実に恥かしい限りです。

池田氏も、あれだけ膨大な個人資産があってまだ、苦労して生活してる会員さんからお金を取ろうとする。
なんなんでしょう?
欲に狂ってるとしか言いようがないですね。

でも、今は「選挙」が中心ですね。
両方同時には、難しいのでしょう。
公明党の議席が減れば、創価の不祥事は益々公になります。
今は様々な理不尽な事柄を権力のパワーで抑えてるだけだと思いますが、その力が弱まれば・隠された汚濁な事柄が表面化することでしょうね。

検察も、もう狙ってると思いますし、それ以外にも暴露を狙ってる組織は多いと思います。
池田氏は「欲」に狂いすぎたのです。
Posted by kan at 2009年08月10日 00:36
すいません、言い忘れたのですが。。

一口1万円はあくまで最低の寄付(財務)として、捉えられます。
活動体験では、「私は二桁!しかも二桁も上のほうなんです!頑張りましたぁ〜〜〜♪」とか、「長年の夢だった三桁出来ましたぁ〜〜♪」とかの活動報告はしきりに行われてきました。

「今こそ、精一杯やろう!」
「福運を積むチャンスなんだ!」
そういう言葉が、幹部の口からマイクを通して叫ばれます。

「今こそ・・」って、アータ^^;。。。
おたくの「今」って、人生で何回あるの?

去年も、その前も、10年前も同じこと言ってましたよね・・・。
ウチも、昔はそう言われ、妻にせっつかれボーナス全額寄付したけど、その妻は結局は生活費が足りなくなり、私に内緒でサラ金で借金し、それでも創価へは寄付を続け購入を続け、300万円の借金を作った。

あんたら、それ知ってて・また幹部にしたよね。
私は5年かけて、妻のサラ金を返済したけど、あんたらは何一つ助けようとはしなかった。

子供の教育費は全て吹っ飛んだ!
結局、子供は教育ローンを背負うようになった。
もちろん、数千億以上の個人資産を持つ池田氏は一切助けたりしない。
その資産は、我々会員が苦労して寄付したお金じゃないか!!

非課税を利用して、自分のものにしただけだと思います。
我々は創価学会宛に寄付として振り込んだ。
池田氏個人ではない。
創価学会は法人です。
振り込まれたお金は法人のモノです。

それを池田氏が自由にすれば、それは横領です。
横領は犯罪です。
まさに、タカリに狂ってるだけと実感します。

そういう現実を知っていながら、また「功徳」といい寄付をタカる。
一口では、感謝の顔すらすない幹部も多いです。

二桁って、数十万単位です。
三桁って、最低百万円です。
それを、会則にもないことを・マイクを通し、会合で幹部が語り、平気で寄付を要求するのです。

この事実を、タカリ行為と呼ばずして何と呼ぶのでしょう?
いや、幹部は「財務は1人最低1万円と決まってます!」という人もいます。
私にそう言いました。
なんなら、その幹部名を書いてもいいです。

そこまで異常な行為・・・
それは「犯罪」と呼べる行為だと思います。
Posted by kan at 2009年08月10日 01:15
ミル様、日々の更新お疲れさまです。

毎度のことながら、ミル様のご指摘は創価学会員が怒り出すような、的を得たものですね。しかし、彼らは自分の意志で反論しているのではなく、組織の拘束力(いわゆるマインド・コントロール)によって、部外者の意見を、いや、自分自身の考えも抹殺しています。
立場(役職)が下の者の意見や、非学会員の話は妄言として処理するというアルゴリズムがそこにある。手ごわいです。


kan様、はじめまして。きつねと申します。
いつも貴重な体験談、ありがとうございます。これからも、創価学会の欺瞞をどしどし語ってください。私も知る限りの情報を提供させていただきたく思います。
Posted by きつね at 2009年08月10日 14:59
kanさん、きつねさん、こんばんは。
いつもありがとうございます。

最近、何となく、学会員の読者さんも結構いるのではないかと思い、少し意識して記事を書いています。
ただやはり、ブログを通してMCが解けるという可能性は低いとは思います。何かのキッカケになってくれたら、という期待はあるのですが。

できるだけ、直接話をする機会をもちたいなと思っています。

これからも共に頑張りましょう★
Posted by ミル at 2009年08月10日 19:45
私の記事まで紹介して頂き、ありがとうございます♪
私もこの一口一万円というのは、人をバカにしたシステムだと母親に泣きながら訴えました。
私があまりに興奮して泣いていたので母親は「そうやな、そうやな」と宥めていましたが、本当にそう思っているかは疑問です。

>「誤った財務をする人を諌め、それを見過ごす学会員・煽り立てる幹部に対し、臆することなく正論を貫くことができる人間」と、「自発的な行為だからと、黙って仲間の過ちを見過ごす人間」の、どちらに正義があると言えるだろうか。
創価学会で社会一般の正論は全くと言っていいほど通用せず、創価独自の解釈と理屈こそが正義なのでしょう。
だから、誤っていようが財務を取ってくる幹部、財務を収める学会員こそが正義であるような気がします。
恐らく「財務」の部分を別の言葉に置き換えたなら、学会員さんでも正論を貫くべきだ!と言う人はいるでしょうが、なにぶんお金に関しては徹底して刷り込まれてますからね…。

衰退してきたとはいえ学会員さんの数はまだまだ多い。
多数に紛れれば自分のやっていることとの正邪も判断は鈍るのでしょう。一人ひとりを大切に、などと言いますが、一人ひとりが自覚を持ってもらっては困る、それが創価学会です。
たぶん元々が、嫌なことは「自分には関係ない」と思いたい人間の集まりなんでしょうね。

ミルさんの客観的で鋭い指摘の記事、いつも憧れの眼差しで読んでいます。
これからもビシバシ追及していってください!
私も頑張りまっす☆
Posted by クロ at 2009年08月10日 22:02
クロさん、こんにちは。
>一人ひとりが自覚を持ってもらっては困る
その通りですね。集団になった時の創価学会のパワーはすごいと思います。完全に個人が消滅している。MCとは恐ろしいものだと思います。
けれど、人間の心も測り知れない。10年、20年のMCから開放されている人も数多くいます。
自分達を信じて、これからも頑張りましょう☆
Posted by ミル at 2009年08月11日 16:16
少し前の記事ですが、コメント失礼します
ハイ。私もだ〜いぶ頑張ってきました。旦那はもう物凄いがんばってきました。
というわけで!?30代の夫婦は貯金0であります
「余裕があるからするのではない。このお金が無くなったら生きていけないかもしれない」くらいするのが財務ですから
雪仙童子(あれ漢字違うかも)のように、我が命を法の為にささげるのが供養ですから~しかも喜んで捨てる【喜捨】の心で~
今までの財務は後悔していません(したくありません)
ただ最近の疑問を聞いてくださいュ
毎日毎日、会館建設の記事が新聞に出ています。
今日は2会館でした。
いったい一年でいくつ建てるのでしょうか
そして、沢山会館を建てる事でなにかメリットがある人がいるのでしょうか
悪意で何か理由があって建ててるのか、善意で会員の為に建ててるのか知りたいです。
何かご存知でしたら是非教えてください
Posted by ポコ at 2009年08月29日 08:34
ねまです。

財務といえば、働き出したあたりで、
父から「やってみないか」と声かけはありました。
まだ、立ち位地がハッキリしてない時期でした。
『妥当なのは5000円ぐらいかな?そのぐらいOK』
という、抵抗感の薄い当時のねまでした。
しかし、なんと10000円からと言う話でありました。
5000円じゃ受け取りもしないの?
お金が有り余ってて、10000円未満はお金に見えない。そういう事情が良く分かった日でした。
というわけで、ねまが財務をすることはなかった・・・
Posted by ねま at 2009年08月29日 11:13
ポコさん、

運ちゃんさんの「想学サロン」でも、会館建設について取り上げておられました。まだご覧になっていない様でしたら、ぜひ読んでみてください。
http://sougakusalon.blog.shinobi.jp/Entry/91/

私個人的には、「会館増設=権力の誇示」だと思います。学会の会員数(活動家?)は間違いなく減少している。その現実に対する本部の焦りの裏返しの様な気もします。
会館建設を一番誇示したい対象は、学会員なのではないでしょうか?「学会はまだまだ成長し続けている」と学会員に信じ込ませるために。


ねまさん、

壱萬円って、日本の通貨の中で一番高い額面ですやん。
創価財務、ハードル高!
神社やお寺のお賽箱は1円の真心を受け取ってくれるけど、創価は真心の最低額は1万円?
結果、こうなる。
財務⇒貯金ゼロ⇒生活苦⇒借金⇒破綻⇒ユートピア脱落⇒脱会
この続きが大切。
脱会⇒気付く⇒また頑張る⇒復活⇒前より幸せ
Posted by ミル at 2009年08月29日 11:58
ミルさんありがとうございます
後程ゆっくり想学サロンで勉強させていただきます
そしてミルさんのおっしゃる通り
財務⇒貯金0⇒生活苦まで来ています
ここから⇒借金⇒
のループに突入しないように
生活苦⇒気付く⇒y
になっていきたいです
ただ、旦那や家族はこれからも続けるでしょうし、私ももちろん同じ家計ですから悩みは深いです
これからも少しずつ少しずつ頭と心を整理していきたいです
これからもよろしくお願い致しますソフトクリーム
追伸:ミルさん、お疲れの中本当にいつもありがとうございます☆
Posted by ポコ at 2009年08月29日 12:25
ポコさん、

「想学サロン」の運ちゃんさんも、長い間学会で活動され、内部のことには詳しい方だと思います。
コメントされている方々も、脱会した方、未活動の方など創価を経験している方が多いので、とても参考になると思います。

ご家族の中で悩みは尽きないと思いますが、お一人で抱え込まずに、愚痴でも何でもコメントしてくださいね。
小さな疑問をひとつひとつ確かめながら、少しずつ、分かったこと、気付いたことを積み上げていきましょう☆
Posted by ミル at 2009年08月29日 19:38
[右や左の旦那ども、偉大な乞食に恵むが良い。]

>壱萬円って、日本の通貨の中で一番高い額面ですやん。
>創価財務、ハードル高!
>神社やお寺のお賽箱は1円の真心を受け取ってくれるけど、創価は真心の最低額は1万円?

たとえば、
万単位のお金を持っている人と、
億単位のお金を持っている人では、
感覚が違っても無理ないのかも。

一万円の日本銀行券→創価学会財務では百円相当
ぐらいの扱いがされてる気がするなぁ。
Posted by ねま at 2009年08月30日 16:05
ねまさん、ナットクです。
今ふと思いついたんですけど、創価の日に日に増える会館、派遣切りにあった人に開放したらいいのに。3度の食事付で。
昔アメリカに留学していた時に、そういう教会のボランティア手伝ったことあったなぁ。
創価も庶民を救うためにやればいいのに。すっごく感謝されて、会員数激増かも。あ、でもお金ない会員はいらないのかな?
Posted by ミル at 2009年08月30日 22:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31135383

この記事へのトラックバック