2009年08月07日

続)お釈迦様の真意はどこに

以前の記事にも書いたが、学会員さんからこんな事を聞いた。

「日本は、他のどの国、地域よりも救いがたい人々の国だ(趣意)と日蓮が断じてます。」

ブログ「想学サロン2.0 」を読んでいて知ったのだが、どうやら御書の中にその様な趣旨の言葉が出てくる様だ。

上記ブログに、
『今日本国・上一人より下万民大悪心の衆生充満せり』云々、この他数々の同様の文が有ります。」
というコメントがあった。

学会員にしても非学会員にしても、恐らく、こうした一文だけを抜き出して日蓮の趣意とすることは軽率だろうと思う。
また、それをそのまま現代の日本人に当てはめてしまうことも、あまりに短絡的ではないだろうか。

日蓮がそうした発言に及んだ理由、背景、時代を鑑み、様々な要素からその言葉の真意を読み解く事の方が、日蓮宗を志す人にとって大切なのではないかと思う。

釈迦の教えに対しても同じことが言える。

以前、学会員さんのコメントに「釈尊は法華経を説いた時点でそれまでの教えは捨てるように言っています」というものがあった。(5/15「八百万の神様」参照)

妙さんに助けを求めたところ、次の様なお返事があった。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
法華経の方便品第二に次のくだりがあります。
「今我喜無畏 於諸菩薩中 正直捨方便 但説無上道」
(訓読)今我喜んで畏なし 諸の菩薩の中に於て 正直に方便を捨てて 但無上道を説く

この方便品では、釈尊がどういう経緯でこの真理の法(妙法蓮華経)を説くに至ったかを描写している場面が登場します。
その一つに「正直に方便を捨てて 但無上道を説く」と語られ、「これまでこの教えに導く為に説いてきた方便の教えを誠の心で捨てさり、無上道(この上ない仏の道)を説こう」と説法を希う舎利弗や集った諸菩薩たちに語られたのです。

つまり表現としては、ルッキーさんの主張する「捨てる」主体がそれを信仰する者たちへの強要では無いことは明らかですね。
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

更に、妙さんはこう綴っておられる。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
釈迦の説法は固定された一つの教理を常に説法したというスタイルではない為に、聞く人間によってたくさんの経典が生まれた・・・というのが真相ではないかとも思います。

仏説のとらえ方は、直説かどうかではなく、釈迦の真意はどこにあったのか?ということがインド仏教徒にとって最大の関心事であり、長い歴史の中でそれが付加され6千以上もの経典が生まれたのではないでしょうか。

日本に渡ってきたその一切経(大蔵経)を、日蓮聖人は生涯で3回読んだと言われておりますから、並々ならぬ精神力を持たれた方なのですね。
大事な事は日蓮聖人がその莫大な経典の中から何故法華経を選ばれたのか・・・という事です。
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

時代が変われば価値観も変わる。
釈迦の教えを伝える人間もまた、その時代背景に影響を受けた思想を持つ。
けれど、どんなに時間が流れようと変わらない真理・法則がある。
お釈迦様の真意と言えるものは、その普遍の中にある様な気がする。

人気ブログランキングへ
↑ 創価学会問題を多くの国民に知らせるためにクリックお願いします
posted by ミル1000 at 14:35| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
1.仏教って?
 「縁起」こそが「どんなに時間が流れようと変わらない真理・法則」であるとゆーことに気がついて、それをいろんな形で人々に教えたのがお釈迦様です。なので、「仏教(お釈迦様が説いた教え)=縁起説」といってもいいと思います。


2.『法華経』は仏教経典なの?
 『法華経』(妙法蓮華経、サッダルマプンダリーカスートラ)の「妙法(サッダルマ)」は「縁起」のことです。なので、『法華経』はまぎれもなく仏教経典です(以下の記事の中でコメント済)。

  『法華経』と釈尊の思想
  http://fallibilism.blog69.fc2.com/blog-entry-4.html


3.日蓮は仏教徒なの?
 日蓮は縁起説信者なので、まぎれもなく仏教徒です。もっとも、日蓮は、「縁起」を「一念三千」という形で受容していますが(以下の記事の中でコメント済)。

  日蓮思想の現代的意味
  http://fallibilism.blog69.fc2.com/blog-entry-5.html

  縁起と一念三千
  http://fallibilism.blog69.fc2.com/blog-entry-11.html

  「縁起と一念三千」の付録
  http://fallibilism.blog69.fc2.com/blog-entry-12.html
Posted by Libra at 2009年08月23日 09:02
Libraさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
いつもながら、素人の私に簡単に読みこなせるものではなく、四苦八苦しております。そもそも『縁起』って何??と、辞書を引くところから始めてしまいました。。。

Libraさんのサイトを拝読する限り(まだ全て読みきれていませんが)、私が創大生さんから聞いた「法華経に象徴される思想」と「日蓮の独特な法華経解釈」の相違点というものは、見出せないのですが・・・。仏教徒である日蓮は、仏教経典の「法華経(=釈迦の教え)」に忠実であったのでは?と感じます。隔たりがあるとすれば、それは「日蓮の思想」と「創価学会における日蓮思想の解釈」の間に存在するのかな、と。
Posted by ミル at 2009年08月24日 11:33
 ミルさん、こんにちは。

1.日蓮が法華経に忠実であったのは歴史的事実
 日蓮が法華経に忠実であったとゆーのは歴史的事実でしょう。ちなみに、フィクションである法華経に忠実でありすぎたゆえの問題点があるとわたしは思っているわけですけども(以下の記事の中でコメント済)。

  日蓮の罰論の問題点
  http://fallibilism.blog69.fc2.com/blog-entry-13.html


2.創価学会における日蓮思想の解釈(1)
 「創価学会における日蓮思想の解釈」でも、日蓮思想は「法華経と表裏一体」でしょう。日蓮思想の解釈として誤っていないのなら、どうしたってそうならざるをえません。日蓮が法華経に忠実であったとゆーのは歴史的事実として動きませんから。

 創価学会には東洋哲学研究所とゆー研究機関がありますが、そこの研究員である遠藤さんが研究所の機関紙『東洋学術研究』(これは大きな図書館に行けばたいてい読めます)に次のように書いています。

┌───────────────────────
 今、池田名誉会長が機関紙・誌で法華経をテーマとした論述に力を入れているのも、「人間のための宗教」の大道を更に深く大きく開くためであろうと改めて実感している。大聖人の仏法は法華経と表裏一体であり、法華経の精神を世界に広げていくことは、大聖人仏法の「人間主義」の光で世界を、全人類を照らしゆく一大民衆運動となるに違いない。

(遠藤孝紀「創価学会の思想と『法華経』」、『東洋学術研究』第34巻第2号、1995年11月、pp. 97-98)
└───────────────────────


3.創価学会における日蓮思想の解釈(2)
 池田名誉会長らも『法華経の智慧』(これはもともと創価学会の機関紙『大白蓮華』に連載されていたものです)の中で次のように語っています。

┌───────────────────────
[名誉会長] 「人間・釈尊」を忘れた時、仏教は「人間の生き方」から離れてしまった。「師弟の道」がなくなった。その結果は、仏教の堕落であり、権威化です。

(池田大作他『法華経の智慧』第四巻、聖教新聞社、1998年、p. 49)
└───────────────────────

┌───────────────────────
[名誉会長] さあ、そこで「寿量品」です。寿量品の「発迹顕本」にこそ、「人間・釈尊に帰れ!」という法華経のメッセージが込められているのです。ここでは、このことを少し考えてみよう。

(同上、p. 50)
└───────────────────────

┌───────────────────────
[斉藤] 大聖人は、常に「釈尊に帰れ!」と叫ばれました。大日如来を崇める真言宗に対しても、「大日如来は、どのような人を父母として、どのような国に出現して大日経をお説きになったのか」(御書一三五五n、趣意)と破折されてます。

(同上、pp. 68-69)
└───────────────────────


4.創価学会における日蓮思想の解釈(3)
 悪名高きあの「寸鉄」ですら、「釈尊に還れ」とゆーのが日蓮思想だと書いています(笑)。

  大聖人「釈尊に還れ」(『聖教新聞』寸鉄)
  http://fallibilism.web.fc2.com/067.html


5.創大生さんの意見の謎
 さて、創大生さんが言うところの「法華経に象徴される思想」と「日蓮の独特な法華経解釈」の相違点というものは一体何なのでしょうねぇ。謎です。

 創価学会が「人間・日蓮」を忘れてないんだったら、日蓮の「釈尊に還れ」とゆー思想も忘れてないはずなんですけどね。

 「仏教の堕落、権威化」がおきてないならいいんだけども。
Posted by Libra at 2009年08月30日 08:51
Libraさん、こんにちは。

詳しい説明ありがとうございます。

実際のところ、学会員10人に聞けば10通りの答えが返ってくる気がします。それだけ創価学会の教義に統一性がない様に思います。

『釈迦に還れ』と言ってみたところで、現場では釈迦より日蓮を、法華経より御書を重んじています。学会HPを見ても、それは明らかですよね。法華経を読むどころか、触れたことすらない会員も多いと思います。
幹部ですら「釈迦仏法は無益だ」という化石的思想を堂々と述べる。
池田師匠の言うことがコロコロ変わるから、学会員もついていくのが大変なのでしょうけど。

最近の現場では、「仏法は勝負」「師弟不二」「F獲得」。。。そんな言葉しか出てきませんから、正直なところ、法華経や御書の話なんて、末端会員にとっては興味の対象外っていう気もしますね。
「日蓮大聖人」や「御書」というワードだけが空回りしているのが現状ではないかと思います。
Posted by ミル at 2009年09月05日 18:40
 ミルさん、こんにちは。

 誤解のないようにまず言っておきますと、わたしの先の説明の意図は、創価学会を擁護しようなどとゆーものでは全くございません。たんなるアイロニーです(笑)。

 現実には、「釈迦に還れ」とゆーような正しい考えは、創価学会員にまったく浸透していません。「釈迦仏法は無益だ」とゆー誤った考えがいまだに流布しています。

 これは、悪名高き『折伏教典』の総括が全くなされていないからでしょう。そして、それがいまだになされないのは、『折伏教典』時代にすでに指導的立場にいた人たち(池田名誉会長を含む)のメンツがまるつぶれになるからなんでしょう。まったくアホらしい話でございます。

 さて、アイロニーの続きです。

 創価学会の中で「釈迦に還れ」とゆー正しい考えを主張した人物に友岡雅弥さんがおられます。

 彼の『ブッダは歩む ブッダは語る』(これはもともと『第三文明』に連載されたものです)を読んだ創価学会員は少なくないかもしれませんが、『折伏教典』の総括も全くなされないような状況の中、「釈迦に還れ」とゆー日蓮思想の文脈の中でこの本が理解されるはずもなく、まことに残念な本になってしまいました(↓)。

  『ブッダは歩む ブッダは語る』(友岡雅弥)
  http://fallibilism.web.fc2.com/016.html


 で、彼が聖教新聞に書いた記事がこちらです(↓)。

  頑迷な心を捨てる(聖教新聞「智慧の泉─仏典散策─」より)
  http://fallibilism.web.fc2.com/014.html


 ちなみに、彼は、法華経を「ゴータマ・ブッダの根本思想をただしく伝えるもの」といったり、宗教を「生を呪縛するものからの解放の運動」といったりしています。
  
  呪縛からの解放─法華経の宗教性(友岡雅弥)
  http://fallibilism.web.fc2.com/042.html


 と、このように、まことにすばらしい意見を述べている彼ではありますが、驚くべきことに、彼が創価学会の現状について批判的な意見を述べたことはただの一度もないのでございます(笑)。
Posted by Libra at 2009年09月06日 08:12
Libraさん、こんにちは。

Libraさんのご説明を「創価擁護」とは全く感じておりませんのでご安心ください。
アイロニー、ひしひしと伝わってきます。(笑)

現在の創価学会は、年代問わず「仏法」なんてただの装飾語にしかなってないと思います。
座談会でも、その他の会合でも、仏法の勉強なんて殆どしてないですもん。

池田さんも「仏法は勝負」とか「師弟不二で勝つ」とかいう世迷言を、ホント飽きもせずに繰り返すばかりで。
あの歳になったら新ネタも思い付かないのでしょうけど。

とある会合で、
「池田センセイのご指導通りにやってさえいれば、間違いないんですから!」
とか叫んでましたけど、あれは宗教団体の会合なんてとても言えませんね。
「池田ダイサク愛好会」です。
しがないサラリーマンから税金搾り取る前に、どうでもいい愛好会に課税してほしいですね。お金、有り余ってるんだし・・・。
Posted by ミル at 2009年09月07日 11:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31127033

この記事へのトラックバック