2009年08月04日

学会を守る「全会一致」

衆議院解散前の事になるが、以下の様なニュースが小さく報道された。

公明党:鳩山氏の参考人招致は「全会一致で」…北側幹事長
公明党の北側一雄幹事長は8日の記者会見で、献金虚偽記載問題による鳩山由紀夫民主党代表の国会への参考人招致について「全会一致がこれまでの慣行であり、原則は守るべきだ」と述べ、自民党で浮上している多数決による招致決定に否定的な考えを示した。
(2009/7/8 毎日新聞)

鳩山氏招致見送りへ 個人献金問題で公明難色
自民党は、衆院政治倫理・公選法改正特別委員会で10日に鳩山氏の参考人招致を議決する方針だった。しかし、公明党は国会の慣例でもある全会一致による議決を求めていた。
10日の同委員会には、民主党をはじめ野党各党が欠席、全会一致で議決する状況にはならなかった。公明党幹部は同日、自民党幹部に「全会一致でなければダメだ」とあらためて要請。自民党は公明党の理解が得られないまま鳩山氏招致の議決を強行することは困難と判断した。

(2009/7/11 東京新聞)

総選挙に向け、現在、創価学会(公明党)が展開している民主党への激しい攻撃を見ると、唐突に「全会一致」を持ち出して鳩山氏に逃げ道を与えた公明党の態度は、どうにも腑に落ちない。

しかし、『黒い手帖』の一説を思い出し読み返してみると、謎はあっさりと解けた。

以下、長くなるが『黒い手帖』からの引用を掲載する。
======================================================

今となってはあまり指摘する人もいないが、私が公明党の書記長・委員長だった時代、国会に証人や参考人を招致する場合、全会一致が慣例となっていた。
この慣例ができたのも1970年の言論出版妨害事件が景気だった。
当時、私は少数派を保護するためにも、喚問は全会一致が原則だと主張した。以来、これがルールとなっていた。

事実、全会一致の慣例があったから、私たちの時代は、池田氏証人喚問は絶対にあり得なかったし、「是々非々」とはいえ、反対する政策に関しては後顧の憂いなく、公明党は野党らしく自民党と対決できた。ありていにいえば、池田氏証人喚問という与党の脅しが効かないからだ。そういう意味で、全会一致のルールは、われわれが残した創価学会への政治遺産でもあった。

ところが、私の政界引退後、公明党自らがこの遺産を潰してしまう。
1994年、当時、野党に転落していた自民党は巻き返しの好機と見て、衆議院予算委員会での細川氏の証人喚問を要求した。さらに公明党・創価学会の政教一致問題を究明するためとして、池田氏の喚問要求も出された。
細川喚問に応じれば、池田喚問への道を開くことになりかねず、公明党は、細川喚問に対しても反対の立場を取った。全会一致の原則を守るためには、公明党議員が採決を欠席するという方法もあったが、連立与党のなかで公明党だけが欠席するわけにもいかないという判断もあって、採決に加わり反対票を投じた。

当時は少数与党という特殊な政治状況下なので、やむを得ない事情もあったのだろう。しかし、議場で反対したために、公明党は自らが全会一致の原則を放棄したと見られても仕方がない。賛成、反対に票決が分かれ、事実上、多数決になってしまった。

私は、なんと愚かなことをするのか、と嘆いたことを覚えている。私たちが残した学会を守る政治遺産を自ら放棄したことに言葉を失った。
実際、1995年の宗教法人法改正論議のなかで、池田氏の証人喚問招致が再び俎上にのせられると、それを避けるさめに秋谷創価学会会長(当時)の参議院での参考人招致に応じざるを得なくなった。
以来、公明党は池田氏喚問阻止のために、常に政権与党、多数派に身を寄せなければならなくなった。いつ多数決によって喚問が決定されてしまうか、わからないからだ。

もちろん、政権与党に入ること自体を否定はできない。政策を実現するためには、与党の一角にいることは重要だ。しかし、そうした純粋な政党の政治目的とは別に、政治活動に支障をきたしかねない宿命を負ってしまったのである。

このときから政権与党であることが公明党の絶対的な命題となるーこれが公明党の大きなターニングポイントとなった。
======================================================


公明党は、今まさに下野の危機に直面している。
今回の降って湧いた様な「全会一致」の主張は、野党という立場で如何に創価学会=池田大作を守るか、それを見越しての事だったのではないだろうか。
あるいは、民主党と背後で何らかの合意がなされていた可能性も否定できない。
学会員は「民主党と手を組むことはあり得ない」と言うが、実にお目出度い思考だと思う。
民主政権となれば、公明党は必ず民主に擦り寄り、「外国人の地方参政権」を始めとする悪法の数々を成立させようと図るだろう。

「庶民の政党」という言葉を隠れ蓑に、公明党は結党以来、粛々とその使命を果たしてきたのだ。

『創価学会=池田大作を守る』為の政党など、日本に必要ない。

読者の皆さま、このブログから創価学会(公明党)の危険性を少しでも感じ取って頂けたなら、家族や知人に、たとえ一人でも二人でも、その実情・実態を周知して下さることを心からお願いしたい。


人気ブログランキングへ
↑ 創価学会問題を多くの国民に知らせるためにクリックお願いします
posted by ミル1000 at 23:40| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
「君も数百人以上の前で話す幹部だろう。
話題になってる本はちゃんと目を通して、批判に対応出来る説得力を持ってたほうがいいんじゃないか?」

そう言って『黒い手帖』を見せたのが、ついこの間のことです。
「見ない!読まない!それは全部デタラメ!」
妻は顔色を変えて叫びました。

「その本の話は全部デタラメ!組織でもそう話してるし、
矢野は反逆者なのよ!!」

もう凄い剣幕でした^^;。
組織の中でも少し話題になって、嘘だ!デタラメだ!読んではいけない!
そういうふうになってるようです。

おいおい、あれほど創価と池田氏に長年尽くした人を追い立てて
攻め立てて、あげくの果てに反逆者かい^^;。。。
人のする行為じゃないよね。
池田教はそうなのかい?

よほど創価も困ったようです。
デタラメと言うなら堂々と、そのページと箇所を指摘して真実はこうです!と説明すればいいのです。

創価はマズイことを書かれた書籍類や冊子に対して、
とにかく読まないほうがいい!デタラメだから!としか言いません。

デタラメなら、どうデタラメなのか?デタラメと言うその根拠は何なのか?
そして正しくはどうなのか?
一切説明しません。
ただ、デマだ!魔の仕業だ!と叫ぶだけです。

それでは何の疑いも晴れないばかりか、言われたことや書かれたことが真実で、創価があせってるというふうにしか見えません。
それは「書かれてることは全て真実なんです」と表明してることと同じだと思います。

創価はとにかく上っ面だけなんです。
キレイ事で飾ってるだけで、一切の説明がないのです。
公明党にも「陣中見舞い」の形で多くの学会員さんが寄付します。
具体的な用途の説明はありません。

記念の会合では「広布基金」という封筒を用意してて、
会員さんはそれにお金を入れます。
その金額も用途の説明も一切ありません。

以前に、会館の職員が遊びのお金欲しさに、そのお金を使い込んで県外に左遷された話を聞きました。
もちろん会員さんたちには、そういう話は秘密にしています。


内外共に悪名高い「財務」という名のタカリ。
あまりに理不尽なので、外部の人達もかなり知ってて、会員さん達を哀れんでる「タカリ」。

毎年、夏くらいに申し込みを募集します。
納金は冬です。
振り込み票が来るのです。

希望者なんていうものじゃなく、幹部が積極的に推進するのです。
もちろん目標もあります。
一般会員には波風が立つので言わず、幹部に言って強烈に寄付の推進です。

一口1万円です。
「気持ちのご供養なんです^^」
そう言いながら、100円ではダメ!
千円ではダメ!
必ず一口1万円なのです。

それ、会則にはありません。
会則にあるのはキレイ事だけです。
でも、一口1万円!
何口も要求する話を幹部はします。

毎年、数千億円の強制的寄付が創価に集まります。
非課税なので、もう好き勝手に使えます。
全ては池田氏が自由に使うのでしょうが、
苦労して寄付したお金の用途は一切明かしません。

会則にない寄付を、金額を決めて要求し、その説明が一切ないのです!
これは一種の詐欺です!
詐欺は犯罪です!

このブログをご覧になってる会員のみなさん。
詐欺行為に騙されないようにしましょう!
そう叫びたいですね。

公明党議員も創価や池田氏に寄付をするのが慣習化してるそうです。
一般の会員さんは、あまり知らないと思います。 
Posted by kan at 2009年08月05日 22:44
kanさんの話すごく賛成だけど、学会員さんたちはこのコメントをスルーしているだろう。。。
Posted by 隠す at 2009年08月06日 13:48
隠すさん
賛成して戴き、ありがとうございます。(^0^)/

当然スルーでしょうけど^^;、それでもいいんです。
内外の方々の目に少しでもとまれば、それでいいんです。
活動家の方と変なバトル状態になるのも、雰囲気が悪くなりますしね。
Posted by kan at 2009年08月06日 15:36
kanさん>

そうですね。何で少し学会の話題だけで険悪の雰囲気になるだろう。
学会ずるい⇒もう事前にたくさんの敵を作り、たくさん喧嘩の回答を用意しているね。
Posted by 隠す at 2009年08月06日 20:04
kanさん、隠すさん、こんばんは。

隠すさんの仰る通り、創価学会員は批判に対して皆同じような反論をしてきますね。マニュアルでもあるのでしょうかね?
ただ、用意された回答はありがちな批判に対するものです。もっと彼女の良心や優しさに訴えかける様な質問を根気よく重ねていくといいのかもしれないな、と思います。

kanさんのご指摘、ご尤も!です。
コメント、また記事に転載させて頂きます。選挙前のこの時期だからこそ、P献金のことも記事にして周知しないといけませんね。
いつもありがとうございます。
Posted by ミル at 2009年08月06日 22:38
ミルさん・隠すさん

ありがとうございます。
私はみなさんと同じように不器用ながら真面目に働き・子供達を成人させて、ちゃんと社会人になるまで育て上げたのですが、
私が公私共に認められることはあまりありませんでした。
創価組織では悪者に近い見かたをされてます。

なので、私の意見を見つめてくれること自体が嬉しいです^^。
大変な世の中で、家族を養おうと大変なのですが
創価はそれはどうでもよくて、組織が望む成果を上げる人が立派なようです。
そういう成果をあげて、人生や生活環境が破壊した活動家
悲惨になった活動家・・・かなりいらっしゃいます。

池田大作氏は助けません。
信じて何十年も時間と膨大なお金を費やした会員さんが哀れです。


「財務」という名の強制的な寄付。
会則にもないが、幹部が懸命に推進してる犯罪に近いような「タカリ」の内外共に呆れてる「財務」。

他のお寺の「お賽銭箱」のほうが、よほど誠実です。
他を邪宗教と断ずる創価ですが、他のほうが誠実です。
寄付に最低幾らという金額の条件をつけません。
「もちろん幾らでもけっこうです。
ありがとうございます」
という気持ちがあります。

そして、寄付の使い道も明らかにしています。
わからなければ、聞けばちゃんと答えてくれます。

池田教となった創価は「幾らでもいいんです。
真心でいいんです」という
常識的な言葉はありません。
あくまで一口1万円です。
大変な思いで寄付した、そのお金の使い道は一切明らかにしない。

これほど、人を愚弄した行為はないと思います。
もし、コメントを表示されるなら、このことも載せて戴きたく思います。

いつもありがとうございます。
感謝しています。
Posted by kan at 2009年08月07日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31058989

この記事へのトラックバック