2009年08月03日

創価とSGIの不協和

私は、SGIに関する知識をあまり持っていない。
創価学会の会合や学会員の口から「世界192カ国に広がっている」というフレーズは何度か耳にした。
Sokanet SGIの概要 にも「世界192カ国・地域に1200万人以上のメンバーを擁する」と同様のことが書かれている。

しかし、SGIのオフィシャルサイトには、ざっと見たところ192カ国という記載は見当たらない。1200万人という数は明記されている。

そこでSGIに対して、「192カ国の国名や、それぞれの国の組織の規模などの基本情報を教えてほしい」とメールを送った。
同じ質問を学会員の方にも聞いているが、回答保留の状態である。
何らかの回答が得られたら、この場でお知らせしたい。

SGIは、SGI憲章というものを掲げている。
今回は、【目的と原則】から以下の2点を取り上げてみる。

・SGIは「信教の自由」を尊重し、これを守り抜く。
・SGIは仏法の寛容の精神を根本に、他の宗教を尊重して、人類の基本的問題について対話し、その解決のために協力していく。


他宗教の尊重・協調が明言されている。

一方、Sokanet 新会員のために には、次の様な記載がある。

『相手が他宗教を信じ、間違った宗教観をもっているのであれば、真実の仏法の考え方を、道理を尽くして語り、正していくことが大切です。』

この「他宗教=間違った宗教」としている創価HPの記載は、SGIの方針と正反対のものとなっている。
なぜこのようなギャップが生じているのだろうか?

創価のAさんは、創価HPの記載も「信教の自由を前提としている」と言う。しかし、この文面から他宗教を肯定する意味合いは読み取れない。
それに、脱会者やその協力者を魔と見なすあたり(←詳しくは「愛が魔に変わるとき」を参照)、とても信教の自由を尊重しているとは言えない。

更に、創価とSGIのギャップの原因について、Aさんはこう述べておられる。

「日本を特別視していることに原因があるのだと思います。「他のどの国、地域よりも救いがたい人々の国だ(趣意)」と日蓮が断じてます。」

つまり、日本という国は世界の中でも救い難い人間の集まりだから、愚かな人間達が信じる日本の宗教は全て邪教だと、こういう事であろうか?

ブログ『妻はアンチ、夫はバリバリ』によると、聖教新聞において、日本は「精神後進国」などと書かれているらしい。
創価は祖国を否定する言動が多いが、創価学会員の方々、あなた方は一体どこの国の人間なのだろうか?
日本の素晴らしさが理解できないのなら、一度世界に出て、日本人、日本文化の賞賛を確かめてきてはいかがだろうか?

創価学会には、こうしたSGI方針との不一致に限らず、教義や思想の矛盾が多い。
その時々で都合の良いことばかり書いているから、矛盾が更なる矛盾を呼ぶ。それは、いずれ致命的なものとなって、創価学会自身に降りかかってくるのではないだろうか。


人気ブログランキングへ
↑ 創価学会問題を多くの国民に知らせるためにクリックお願いします
posted by ミル1000 at 17:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
誰が聞いても、あれ?って思う矛盾・・・
創価はとても多いです。
殆どが矛盾と言っても過言ではないくらいです^^;。
長年、創価の世界にいた方はみなさん感じてると思います。
角が立つので黙ってることが、創価の中は多いのです。

そういえばウィリアム理事長という方がいらっしゃいましたが、
今どうされてるのでしょうね?

日本人が海外の国籍を取ったような感じで、日本人の風貌でした。
SGIのニュースや体験にはよく登場してたので、昔の学会員さんはけっこう親近感をもってました。

内部告発の本には、池田氏の機嫌を損ねたので左遷され、
今は宗門にいらっしゃるとの噂を耳にしました。

いつの間にか創価からいなくなってる・・・
そういう方もけっこういらっしゃいますね。。。
Posted by kan at 2009年08月03日 22:07
はじめまして、きつねと申します。

中国共産党による東トルキスタン侵略について情報収集しているうちに、貴ブログに到達しました。

とても有意義な、創価学会に対する見識の数々、ミル様はただものではありませんね。
私のまわりにいる、情報弱者な学会員を論破するためのテキストとして使わせていただきたいくらいです。

これからも、創価学会の矛盾をするどく追及してください。応援してます。
Posted by きつね at 2009年08月03日 22:27
kanさん、
池田さんの取り巻きは、YESマンばかりが残されている訳ですね。ワンマン組織が衰退する構造が既に出来上がっていますね〜。
以前見た会合で、池田さんに意見を求められた幹部が、何も答えられずにシドロモドロしている場面がありましたが、池田さんの独裁ぶりが垣間見えた一面でしたね。

きつねさん、はじめまして。
コメント・応援ありがとうございます。
私のブログでお役に立てる箇所があれば、じゃんじゃん使ってください!
共に創価学会員を啓蒙していきましょう!

これからもよろしくお願いします。
Posted by ミル at 2009年08月04日 00:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31000452

この記事へのトラックバック