2009年07月30日

創価学会の父と兄

韓国の学校の絵画コンクールに出展された子供たちの作品を見てほしい。

死した日本が弔われる絵、爆弾で攻撃される絵、破り燃やされる絵。

子供たちに、こんな恐ろしい絵を描かせる。これが、韓国の反日教育の産物だ。

art.jpgdie.jpg

war2.jpgflag%20burn.jpg


中国でも、韓国と同様の反日教育がなされている。

中国のある幼稚園に1年以上もカメラを据え付けて、園児を観察し続けた番組で、インタビュアーの、「日本人は嫌いなの?」「何故きらいなの?」といった質問に、園児は「嫌い」「日本人は中国人を殴るから」「日本人は中国人に悪いことをしたから」などと答えていた。「日本人を見たことはある?」「日本人に殴られた場面を見たことはある?」などの質問への答えは、いずれも「ない」だった。
萬晩報 「中国・幼稚園児の反日感情」より)


創価学会は、韓国を「兄」、そして中国を「父」と呼ぶ。
彼らが慕う父や兄が、これほどまでに日本を憎んでいる事を、どれほどの創価学会員が知っているのだろうか。

そして、創価学会は何故この両国を「父・兄」といった目上の存在として扱うのだろうか。

日本は古来、中国・韓国に対して対等な立場で接してきたのだ。
聖徳太子の、隋の煬帝への国書にも示されている通りだ。
「日出づる処の天子 書を日没する処の天子に致す 恙無きや」

自虐的な歴史観を好むのは創価に限ったことではないが、誤った歴史認識では日本人の誇りすら失うことになるという事を忘れないでほしい。

中国・韓国の反日感情は異常と言える。常軌を逸している。

親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法(韓国)
-本法律の目的は親日派と認定された人物、およびその子孫が所有する財産を没収することである。
(Wikipediaより引用)
AFCアジアカップ2004 中国の反日感情
日本サポーターへの罵声やごみの投げつけ、日の丸の旗に火をつけ、日本大使館の大使用公用車を襲撃
(Wikipediaより引用)

気に食わないものを、感情に任せて徹底的に(人道を外れてまでも)攻撃する彼らの言動は、創価学会に通じるものがある。

なるほど。こうして考えてみると、中国・韓国が創価の「父・兄」と言うのも頷ける。
ただ、間違っても「日本国」の「父」でもなければ「兄」でもないという点だけは、取り違えないでもらいたい。


【関連記事】
パチンコと民団と創価
日中国交正常化の立役者
創価学会は中国のコマ
ウイグル侵略と創価学会


人気ブログランキングへ
↑ 創価学会問題を多くの国民に知らせるためにクリックお願いします
posted by ミル1000 at 22:16| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
これは酷い!
こんな教育があるのでしょうか!

でも、これが現実ですよね。。。

中国や韓国は、創価と仲のいい友好パフォーマンスをつくろい、創価もそれを利用してさかんにPRしてますが、実は水面下では全て膨大なお金が向こうに渡ってると思います。
そのお金は全て会員さんたちが苦労して寄付したお金が原資です。
もちろん、使い道など一切明らかにせず、池田氏のやりたい放題です^^;。

政党を持ち、膨大な財産を持ってる日本最大の宗教団体・・・
味方にして利用すれば効果は大きい。
創価は利用されてるだけのように思います。
いや、それ以上の何か・・・あると思います。

創価は何故、そこまで中国・韓国を称えようとするのか?
近隣への弾圧や大量殺戮で世界中が非難し、宗派を越えて宗教家たちが
こぞって非難してる非人道極まる行為の国を何故称えるのか?

北朝鮮を絡めて、何か一体のパイプで繋がり、
包含されてるような気がします。
Posted by kan at 2009年07月30日 23:09
私も創価学会を調べていく上で、中国、韓国の反日教育を(記事の写真も)知りました。
それまで私はメディアの言うことを疑うことなく信じ、反日感情を持っている人なんてほんの一部だと思っていたのです。
ですからその衝撃といったら!
信じられなかったし、また大変恐ろしさを感じました。だって子供の描く絵じゃないですよ、こんなの。その憎しみの矛先が自分達の喉元に向いているなんて、思いも寄らないことでした。
私は日本人というのは、世界的に見て憎しみを向けられる対象であるとは全く感じていませんでした。だから尚更、驚きました。
しかし、日本の自虐史観も含めてですが、これは知らなければいけなかったことだと深く思いました。
最初は他のアンチサイトで、創価がこのような中国や韓国を「父、兄」と過剰に敬っていると書かれていても、まさか〜と、創価憎しで大げさに書いているのだと思ったんです。でも聖教新聞を読むと本当にそう書いてあるではあるませんか。私は創価に恐怖と憤りを覚え、単なる脱会者ではなくアンチとして道を歩き始めたのです。

聖教新聞では日本は「人権後進国」だの「島国根性」だの、日本を貶める表現も多く見られます。創価学会の意図するものが何なのか、結果が見えてからでは遅いのだと思います。
だいたい創価の思い通り日本が中国の一部になったって、日本省のトップになんて据えてくれないよ、中国お父さんは。「はい、ご苦労さん。もう用済みだから」ってポイされるのがオチですから!
日本人の学会員さんには、「母国・日本」を取るのか「創価学会」を取るのか、よーく考えてもらいたいものです。
Posted by クロ at 2009年07月31日 21:21
kanさん、クロさん、こんばんは。

今、自民党のパンフレットに反日メディアのチラシをセットしてポスティングの準備をしていました。

自民のパンフレット『政治はギャンブルじゃない』は、安全保障、教育、憲法・国家観の3点から、民主党の政策を批判した内容になっています。

自民はこの3点において民主だけでなく、公明党とも全く方向性が違うはず。
むしろ、中国・韓国に擦り寄る性質は、民主と公明が共有するものですよね。ならば公明党も批判して然るべきなのに、そこはノーコメント。

自公連立はもう限界。自民党はいつまで公明党というお荷物を引きずっていくつもりなのか。。。
Posted by ミル at 2009年08月01日 00:06
初めまして!
私の彼も創価学会信者です。
しかも祖父の代からとのことで、家族全員創価学会員・・・。

学会員だという告白は、付き合って1年以上経ち、結婚などの話題が出てくるようになってから。本当にショックでした。

彼はあまり熱心な方ではなく、学会に対して違和感も多少あるようで、集会(?)などには参加してないようですが、幼いときから洗脳されてきているため、朝晩のお祈りはできる範囲でしたい(毎日しないと気がすまないというわけではない)そうです。

一般の人に受け入れてもらえていないことを理解しており、自らが学会員であることはあえて言わない。折伏は迷惑をかけ、嫌われることがあるし、その強引さにも違和感があるのでしないそうです。

学会員であることを告白されたとき、「できれば脱会してほしいが、無神論、無宗教の私が明日から何かを信じろと言われても信じられないのと同じで、今すぐ脱会は無理だとは思う。しかし子供ができたとき子供を創価学会に入会させるようなこと、洗脳するようなことは絶対にイヤだ、聖教新聞も絶対とりたくない、私を勧誘しないでほしい、結婚するときはこれらを一筆書いてサインをしてからじゃなきゃ結婚しないし、これらの条件が飲めないなら別れる」と宣言し、今のところ平和に暮らしてます。

でも彼の実家には絶対に遊びに行きたくないし(まじこわい)、結婚とかほんとに彼とできるのかしらと思ってしまう今日この頃。。。
創価学会なくなっちゃえばいいのに。

とりとめのない感じになってしまいましたが、彼が学会員で自分はアンチという立場が似ておりとっても共感しました。
今後もクロさんの更新を楽しみにしていますね!!
Posted by ちびっこ at 2009年08月01日 21:54
ちびっこさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

ちびっこさんの彼に対するスタンス、とても良いと思います。自分の意思を有耶無耶にしない事はすごく大切です。彼の信仰心自体を否定する事はないと思いますが、彼が現在活動をされていないのであれば、お二人でよく話し合い、出来る限り脱会してもらった方が良いかと思います。

宗教団体に属さずとも信仰は可能です。原始仏典では寧ろ「孤独の境地に励め」と説かれています。

人と人との関係は千差万別。ちびっこさんと彼の間にも、おふたりだけの解決方法が見つかるはずです。おふたりがこれからも仲良く幸せであることをお祈りしています。

あ、それから、私は当ブログを書いているミルで、クロさんは同志(?)です。クロさんもブログをお持ちなので是非訪問してみてください。(http://ullr.no-blog.jp/

これからもよろしくお願いします。
Posted by ミル at 2009年08月02日 00:29
ミルさん、クロさん大変失礼いたしました。お二人のブログを拝読しているうちにお名前を取り違えてしまいました。
申し訳ありません。

これからもブログを読ませていただき、学会のこと勉強させていただきます。まずは敵を知らねば!

Posted by ちびっこ at 2009年08月02日 13:52
ちびっこさん、
彼氏さんを通じて感じたこと、気付かれたこと、またご自身の勉強から学ばれたこと、またコメント下さると嬉しいです。
お互い頑張りましょうね!
Posted by ミル at 2009年08月02日 19:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30945147

この記事へのトラックバック