2009年07月22日

池田大作の名誉学術称号

先日、創価学会の会合(同時中継)を見に行った。
この会合で、池田サンの名誉博士号授与式があった。今回はブラジルのホンドニア連邦大学の名誉博士。これで、通算258個目らしい。

周知の通り、池田大作は様々な顕彰を授与されているが、こうもひっきりなしに、世界の至るところから顕彰をもらう人は、世界広しと言えど池田大作くらいではなかろうか?

SOKAnet にこうある。
池田名誉会長の世界的な教育・学術への貢献に対し、世界各地の大学から数多くの名誉博士・名誉教授などの名誉学位が贈られています。

しかし、日本の大学(創価大学を除いて)から授与された学術称号はゼロ。
それもそのはず。名誉教授の場合、日本では、学校教育法において以下の様に定められている。

第106条
大学は、当該大学に学長、副学長、学部長、教授、准教授又は講師として勤務した者であって、教育上又は研究上特に功績のあった者に対し、当該大学の定めるところにより、名誉教授の称号を授与することができる。


一方、名誉学位(名誉博士など)は、学術能力を保障する学位と同様の効果を持たず、大学の規定により定められたものであって、基本的に法的な学位とは区別される。(Wikipedia「名誉学位」より)

大学で教鞭を執ることもなく、学術能力の証明もない池田サンが、日本で名誉教授・名誉博士の称号を得ることはまず不可能だろう。

そこで、国外の大学から授与された通算258にも上る称号は、一体何を根拠にしたものなのか、そこに疑惑の目が向けられる。
「世界的な教育・学術への貢献」とは言っても、称号を授与された大学は特定国に偏りがあるし、貢献の具体的な内容も分からない。
何よりも、教授や博士と称されるだけの学術能力の裏付けがない。

池田サンの専門分野と言えば、宗教学、哲学あたりだろうか?
どの分野にしろ、その学界で認められた論文なり、研究成果なりがあるのだろうか?
よく賞賛の根拠に示される対話、講演、出版の類ではなく、あくまで学問上の成果があって初めて、数々の称号にも信頼性が出てくる。

これといった学問成果も持たない人間が、258もの学術称号を授与されていることに「胡散臭さ」を感じない方がおかしい。

会合では、学会員が拍手喝采する中、名誉博士の称号を授与された池田サンであるが、会合でのスピーチにしても、識者のそれには程遠い。
時間を見付けて、スピーチの詳細にも触れたいと思う。

<7/24追記>
ホンドニア連邦大学のサイト http://www.unir.br/
池田サンの博士号授与に関しての記載はなさそう。
一応、大学に授与理由を問い合わせてみます。

<7/26追記>
ホンドニア連邦大学からは音沙汰なしです。
やっぱ相手にされないのかな〜。残念。

人気ブログランキングへ
↑ 創価学会問題を多くの国民に知らせるためにクリックお願いします

  
posted by ミル1000 at 01:11| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
「日本では様々な池田先生の功績はやっかみもありあまり称えられないが、世界はすでに認め称えている」という話を昔聞いた事があります。
賞を受け始めた頃でした。

その時は凄いなぁと思いましたが、あまりに多すぎます。
「教育・学術への貢献」という抽象的な表現をよくつかってますが、具体的に何をしたのか?
何もしていませんよ^^;。
なので、具体的な事が書けないのです。
普通に考えれば誰でもわかることです。

したのは会員さん達から搾取したお金をつかった膨大な寄付です。
それで「賞」を得てるだけです。
本当に立派な人なら「賞」なんて欲しがりませんし、貰っても自慢げにPRしたりしません。
中身がない人間ほど名誉を欲しがるものです。
ニセモノほど飾りたがるものです。

元公明党議員さんで東大卒の福本さんがブログで語ってました。
「池田先生の賞が199だ。記念すべき200回目を最高学府の東大名誉教授で飾りたい。君、何とかしてくれないか?」
そう言われたそです。

「それは絶対に無理!」そう言って第106条のことを説明したそうです。
もう唖然とするばかりですわ^^;。。

>池田サンの専門分野と言えば、宗教学、哲学あたりだろうか?

これも違います。
彼はカリスマ性やアジデーターとしてはズバ抜けた才能があったと思いますが、なので組織も大きく発展したと思いますが、教義に詳しくないし哲学的な知識もありません。
同時中継などで見てると、原稿を読まずに語ったことはあまりにレベルが低いです。
もともとちゃんとした学歴の学びはありません。
彼に教養などないのです。
あるのは腐った独裁欲だけです。

書籍は全て周りの家来が内容を書いています。
それに彼が多少手を加えるくらいだと思います。
それを全て自分がわかってる顔で出版してるだけです。
それを半強制的に買わされる会員さんが哀れです^^;。
Posted by kan at 2009年07月22日 19:05
今はインターネットもあるんだから一つずつ大学に問い合わせてみてはいかがでしょうか? 
Posted by ポン太 at 2009年07月23日 14:53
ポン太さん、こんにちは。

以前コメント頂いた学会員さんですか?

各国大学の授与理由は、それぞれの大学の定めたところに因るものなので、評価の基準としてあまり意味がないんですよね。
そういうものより、名誉称号を裏付ける学術成果がないものかと検索してはいるんですが、見つかりません。
身内に東京大学の博士号を持った者がいるので、学術成果の伴わないものは、お飾りに過ぎないという事をよく知っているんです。
これだけの称号を得ている池田氏であれば、学界に認められた論文の一つや二つ、ない方がおかしいと思うのですが・・・。
是非拝読したいので、教えてください。
(回答、逃げないでくださいよ。)
Posted by ミル at 2009年07月23日 15:24
kanさん、こんにちは。

ネット上で、こんな発言を見つけました。

池田さんがたくさん勲章をもらう目的は、
『世界中の多くのお偉いさんよりも、自分が下だと確認するためです。
例えば、ローマ法王も天皇も、よそから勲章なんぞは、もらってません。
勲章とは、偉い人から、偉くない人に与えるものだからです。』

ユニークな発想ですね〜。
Posted by ミル at 2009年07月23日 21:38
うちの母親(学会員)のバカバカしい妄言なんですが、「寄付して表彰もらって何が悪い。その大学が助かっているのは事実や。そしてその地域の学会員の待遇が良くなる!」と言っていました。
たぶん誰に言われたとかではなく、私に指摘されて、自分の中でこう説明つけたんでしょう。
金で顕彰を喜んで買って行く宗教団体の信者を、誰が尊重するというのでしょう?金を払って感謝はされても、宗教者としては馬鹿にされるだけですよ。

学会員さんの中で薄々、寄付金の存在を感じ取っている方は多いと思います。そういう人たちも、自分の中で色々説明をつけているんではないんでしょうか。
Posted by クロ at 2009年07月23日 23:13
ミルさん、はじめまして
自分も常々、気になっていました。
今回の件についても、授けた大学のサイトでこの出来事の記事がないんですよね、不思議です(苦笑)。
Posted by キク at 2009年07月24日 07:39
クロさん

確かに、お母様の仰る通り、「寄付して表彰もらって」いいんですけどね。外部がとやかく言うことでもないのかも知れませんね。
ただ、これだけの表彰マニアだと、突っ込みたくなりますよね〜。
それも「寄付」は学会員のお金だし。受賞するなら、少なくとも個人名じゃなくて「創価学会」としてもらうのが筋じゃないのかなぁ。。。


キクさん、はじめまして。

ホンドニア連邦大学でも、寄付金もらって博士号授与したなんて公表できないのかな?手っ取り早く、大学に直接問い合わせてみます。良かったらURL教えてもらえますか?

見つけた、かも?(読めない!)記事にURLを追記しています。
SOKAとかIKEDAで検索してみましたが、検索結果ゼロです。
取りあえず、今回の博士号授与の理由について問合せしてみます。
回答があれば、記事にてお知らせします。
Posted by ミル at 2009年07月24日 10:01
名誉称号を決定するのに当然、評議委員会などにかかるわけですから理由もなく授与されることは不可能だと思いますよ。
学術的功績だけが名誉称号の基準じゃないですよ。無論、学術的な域は超えてますが。 
世界的に評価の高いものではA.トインビー博士との対談集がよく上げられますよ。一度読まれてみてはいかがでしょうか? 相当な知識が必要な内容ですが。色んな分野の一流の学者との対談集はたくさん出版されていますので全部読まれてみてはいかがでしょう?それでも文句があれば聞かせてください。
もし、あなたが思うような根拠なき授賞だとしたらこれ程次々に送られるでしょうか?そんな事が可能だと思われますか?世界的に一流大学といわれる大学も入ってますよ。
授賞理由でもよく取り上げられる世界平和への貢献や教育の分野での貢献などはあなたもご存知のように明らかに凡人の域をはるかに超えています。
逆に日本人にとっても世界の人にとってもこれだけの貢献をされている方を批判する理由を聞かせてもらいたいです。 どのような正当な根拠があるのでしょうか?
Posted by ポン太 at 2009年07月24日 23:50
ポン太さん、
私の質問に答えてもらっていませんね?
そのうち、暇があれば対談集も読んでみます。それ以上に有意義な事を学びたいので、いつになるか分かりませんが。
私の質問にお答え頂けない様なら、これ以上のコメントはお控えくださいね。
Posted by ミル at 2009年07月25日 00:06
知ろうとしないのに評価するのはあまり利口だとは思いませんが。 訪ねて来られる世界の有識者の必読書とまで言われている書物ですがそれでも読もうとしない、あなたは相当な人物なのですね。
身内に東大教授がおられるならA.トインビー博士と言う方がどれ程の方か一度聞いてみられてはどうでしょう。その博士から対談したいとの申し入れがあり行った対談です。送られて来た手紙もちゃんと残ってますよ。
その博士が世界中の有識者に会うようにとたくさんの方を紹介してくださったのです。

勝手な思い込みで勝手なこと書くのは自由ですが、やればやる程あなた自身の評価は下がることに早く気付いてください。 あなたの方こそ逃げないでくださいね。
Posted by ポン太 at 2009年07月25日 10:15
ポン太さん、
権威にへつらうのはあなたの自由です。
対談集は、暇があれば読みますから。
ここは、私のブログです。管理人の意向に添えないのであれば、もう来ないでください。
それから、身内は教授じゃなくて博士号です。グレードアップしてもらわなくて結構ですよ。対話は相手方の考えをよく咀嚼するところから始まります。人の文章もよく読みましょうね。

↑この方は、以前禁止IPに登録した「ポン吉」と同一人物の疑いありです。
執拗さが創価学会員の典型ですね。
ま、という私も、執拗に嫌創価の記事をUPしてこうした方々の神経を逆撫でしているワケですが。
創価学会って、私の美意識と正義感を逆撫でするから、子供っぽい私は書かずにはおれない!
Posted by ミル at 2009年07月25日 10:32
ポン太さん>
ポーリー・トインビー(アーノルド・J・トインビーの孫娘):「池田氏のように、絶対的権力者の雰囲気をにじみ出させた人物と会ったことはありませんでした。」と語った

-----イギリスの新聞『ガーディアン』 1984年5月19日付での手記。
それと、博士の孫娘の手記により、本当の対談内容と学会出版した本の内容がずいぶん違う:
http://www.toride.org/porry/ref4.html
Posted by 隠す at 2009年08月03日 14:52
ミルさん>
池田博士がもらった「国連平和賞」を確認するため、僕も国連日本、国連アメリカの責任者に聞いたけど、一ヶ月かかっても返事がこない。
一体どんな理由で国連平和賞をもらったね(笑)
Posted by 隠す at 2009年08月03日 14:55
隠すさん
Wikipediaで「国連平和賞」を調べると、「賞の名称に「国連」とあるが国際連合が発行している賞ではない」とあります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%80%A3%E5%B9%B3%E5%92%8C%E8%B3%9E

いろいろ調べましたが、事実関係がよく分かりません。
どちらにしろ、国際連合と関連付けて考えるには注意が必要かと思います。
確実な情報をお持ちの方がいらっしゃれば、是非お教えください。
Posted by ミル at 2009年08月03日 15:23
僕もいろいろ調べました。
実はWikiの資料も矛盾があります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B1%A0%E7%94%B0%E5%A4%A7%E4%BD%9C
により、
8月8日 「世界保健機関」を初め、国連機関への貢献が評価され「国連平和賞」を受賞。
だから、本当の国連から受賞したらしい。(らしいですね、笑)
それで国連担当者に聞いたけど、返事なし。

ほかの情報源:
http://otarunounga.hp.infoseek.co.jp/kunsyo02.htm

例えば、昭和五十四年に日蓮正宗宗門に対する教義違背や社会的不正の責任をとって会長を辞任した池田氏が、復権する過程の昭和五十八年に手にした国連平和賞。

創価学会ではこの国連平和賞を、池田氏の国際平和、ことに国連に対する多大な貢献の「証」であると喧伝する。

しかしその貢献とは、池田氏以前の国連平和賞の受賞者の一人が、テレビで高見山や子どもらと火消し装束で「戸締まり用心、火の用心」と歌い、「世界は一家、人類は兄弟」を繰り返したあのボートレースの胴元である日本船舶振興会の笹川良一会長で、

その受賞理由が世界保健機構など国連機関への貢献、平たく言えば寄付であることが示しているように、池田氏に対する国連平和賞の授与も、国連広報局の「国連口述史」編纂計画に賛同し、国連平和賞受賞の前年にあたる五十七年に一六万ドル(当時のレートで約四〇〇〇万円)を寄付したことが決定的要因だったと見られている。

もっとも、この「国連口述史」は出版されず、その寄付金の使途は分かっていない。そしてこの国連広報局を統括し「国連口述史」の編纂を推進していたのが、平成十一年の都知事選に公明党推薦で立候補し、親族に学会員のいる明石康国連事務次長だった。

ちなみに池田氏に対する国連平和賞の伝達式は、昭和五十八年八月八日、東京・渋谷区にある創価学会の国際友好会館で行われたが、国連平和賞の伝達に赴いたのは他ならぬ明石氏その人だった。

結論:
わからない。
Posted by 隠す at 2009年08月03日 15:51
この間、同時中継があるからと会館に連行されて話を聞いていた。

中国の大学からの名誉博士号かなんかの授与式があり、その席上で大作君が今の中国国家主席を素晴らしいとお世辞返ししていた。

日本を売り払ってでも韓国・中国に学会員を作りたいのか知らないが、そのスピーチ聞いたらチベットやら少数民族のいくつかは確実にアンチになるな

まぁ人数少ないところなんかはどうでもいいんでしょうな我らが大作先生は!

今は中国に学会員作りたいだろうね、中国はまだ景気もいいし人口的にも文句なしのマーケットだろうから。
外国人参政権と引き換えに中国にも色目つかってるんだなきっと。

ガチの学会員ほど公明党が外国人参政権に加担していることを知らない。
質問しても現場からは返答ないんだな。
自分の押している議員の得意な分野とか
福祉政策の返答はちゃんとできるのになんで外国人参政権が必要やねんと聞いても「まぁあちらの会員さんも多いからね」ぐらいの返答しかない。事の重大さが誰一人認識できていない。韓国の学会員もそれは苦労してようやく発足したなんて美談で語られているが・・・法律で禁止されている行為が草の根運動で認知なんてされる訳がないだろう。
その前に大作君と韓国大統領が会っているだろう。その後から公明党の冬柴が発起人で外国人参政権を提出してるではないか!聖教新聞しか読まないから洗脳されるんだ!学会員よ目を覚ませ、いいように使われているぞ。大作が昔言ってただろう、民衆はバカじゃだめだ!権力を監視しなくてはいけないと!我が師匠が常に変わらないと思っていたらダメだ。

広布基金だってつっこみどころ満点だと思わないか?どこの賽銭箱に一口一万なんて書いてあるんだ?去年千円でも領収書送ってきたぞ?夫婦で2万円しかたなしに出していたら近所の婦人部のおばさんから聞いたよ、地区最高額の夫婦だって事・・・出す前に言えそんな事!

もうそろそろ脳内お花畑から卒業しよう学会員!ちなみにわたし学会員歴33年現役です。ただのアンチぢゃないぜい
Posted by 黒狸 at 2010年05月30日 17:52
はじめまして。
国連平和賞について調べていたらここへ辿り着きました。

思ったのですが、意外とこういった賞というのは簡単に取れるのかもしれないですね。

デザイナーや楽団もとっているし、感覚的には日本レコード大賞と同じぐらいのレベルかも・・・。

http://laluz.jp/biography/

それにしても、この賞の英語名がわからないし、どこにも情報がない…。
Posted by れん at 2010年09月27日 11:46
下手したら、ベストジーニスト賞レベルの物ばっかりなのかもしれませんね。

単なる図書館の会員証を名誉会員としてのせてしまうぐらいですから…。
Posted by れん at 2010年09月27日 11:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30614057

この記事へのトラックバック