2009年07月14日

公明党 獲得票数減少の裏に

せと弘幸Blog『日本よ何処へ』にこんな記事があった。
創価の票は確実に下落した

気になって、自分で洗い出してみた。(ちょっとヒマ人・・・)
今回の東京都議選は、2005年の43.99%から54.49%と、10ポイント以上の伸びであった。
投票した人の数は増えたのだが、公明党候補者の獲得票数は、ほぼ全ての区域で減少し、当選順位も下げている。

09年東京都議選 公明議員得票数

なるほど。
公明党に投票する人といえば、創価学会員か、学会員に付き添われて投票に連れ出されるお年寄りくらいなもんだろう。
公明党議員の獲得する票は、イコール学会票と思って差し支えないと思う。

恐らく、都議選で投票をサボる学会員はそうはいないはずだ。
前回も今回も、学会員総出で、総力を挙げて都議選に臨んだに違いない。矢野氏も証言している事だが、創価学会(公明党)にとって、都議選の重要性は国政選挙を上回っている。

となると、今回の獲得票数の減少は、学会の総力が落ちている事、つまり、創価学会員が減少し、創価学会自体が縮小傾向にある事を示しているのではないだろうか?

矢野氏は、学会票は麻薬だと警告している。
公明党と連立を組んで10年、自民党はその麻薬に犯され、自身で築いてきた大切な支持基盤を崩していると。
今回の自民惨敗の一因は、学会票が自民党に回らなかったことにあるのかもしれない。

学会票は確実に減少し、自民党は選挙協力を得られなくなるだろう。
自公共倒れになる前に、公明党と手を切り、保守政党として今一度、国民の期待に応えてほしい。

人気ブログランキングへ
↑ 創価学会問題を多くの国民に知らせるためにクリックお願いします

  
posted by ミル1000 at 19:49| Comment(15) | TrackBack(0) | 公明党・政治関連
この記事へのコメント
よく見てますね^^。
私もその点を見て、ほっとしてる1人です。

それくらいわかるよ!と言われるかもしれませんが、公明党応援を宗教活動として手弁当で走った人達は目に止まっていない人が多いです。

与党逆風荒れる中で、議席を失うどころか議席が増えた!
まさに諸天の加護・題目のおかげ・仏の戦いは正義の戦い!なので勝ったのだぁ〜〜!と有頂天かもしれません。

創価にとっては大切なポイントの選挙ですが、エリアは地方選挙です。
地方議員さんは中にはとても誠実な人がいて、懸命に困ってる中小企業や庶民に協力してる方もいます。
そんな事柄もどこかで票に繋がったのかもしれません。

私の住む地方でもそういうことがありました。
ある小企業が困ってる問題に、解決は難しいと・誰も相談に乗らなかったのですが、公明党の議員が相談に乗り解決しました。
そう力もあるわけじゃないし、失礼ながら頭も切れるほうじゃない議員ですが、解決できました。

それからは、今まで自民党だけで公明党は大嫌い!創価は大嫌い!のその企業が大の公明党、いやその議員ファンになりました。
社員あげて応援してくれて、票を伸ばしたそです。
もっと細かな内容があるのですが、割愛しますが私も美談だと思いました。

個々人の議員には、わずかにそういう人もいます。
そういう話が地方選挙だと、わりとあったりします。
私は別に個々の議員さんを悪者にして見てるわけじゃなく、公明党全体の組織を悪者に見ています。

その元締め・I氏が悪者なのです。
いや、悪者を通り越して「魔王」ですけどね^^;。
Posted by kan at 2009年07月14日 22:48
kanさん、こんにちは。

公明党にもそんな議員さんがいるんですか!?でも確かに、「住民から直接要望を受け付けるのは公明党議員の特徴として挙げられる」という事を、どこかで読みました。
地方の公明議員さん、是非、非創価市民の為にも全力を尽くしてください。期待しています。。。
Posted by ミル at 2009年07月15日 16:50
学会員も一枚岩じゃないし
青年部を中心に公明党離れがあります(就職氷河期見殺し政党だから)
Posted by 十六夜 at 2009年08月15日 14:47
十六夜さん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

学会組織の内情は地域によってもかなり差があるのでしょうか?
一度、男子部の会合を見に行きましたが(http://cs1000.sblo.jp/article/30869773.html)、これから日本を背負って立つべき20代30代男子の姿に、頭を抱えたくなりました。
けれども、地区幹部の方に「一緒に活動できる人数は少ない」という話も聞いています。
Posted by ミル at 2009年08月15日 20:42
会合に出てくる人なんて一割もいないですよ
ほとんど非活動家です。生まれたときから無理矢理洗脳され、葛藤している人がほとんどで、学会活動大好きな人はほとんどいません。
なかには活動家のふりをした内部アンチもいます。
Posted by 十六夜 at 2009年08月15日 21:21
東京都議会議席数の推移
(実施時期) (投票率) (議席数)
昭和60年7月 53.50%   29
平成元年7月 58.74%   26
平成05年6月 51.43%   25
平成09年7月 40.80%   24
平成13年6月 50.08%   23
平成17年7月 43.99%   23


【目黒区(定員3)における公明票】
 2009  都議会 21531 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||  ←都議選

 2005  都議会 22749 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||  ←都議選
 2004  参院比 12243 ||||||||||||||||||||||||
 2003  衆院比 12311 |||||||||||||||||||||||||
 2003  区議選 13618 |||||||||||||||||||||||||||
 2001  参院比 12865 ||||||||||||||||||||||||||
 2001  都議会 22120 ||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||  ←都議選
 2000  衆院比 11038 ||||||||||||||||||||||
 1999  区議選 13282 |||||||||||||||||||||||||||
 1998  参院比 13142 ||||||||||||||||||||||||||
 1997  都議会 23508 |||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||  ←都議選
 1995  区議選 12640 |||||||||||||||||||||||||

票数の変化は激しいですね。
学会員の大規模な引越がなければ、どうやって説明しますか?
Posted by 隠す at 2009年08月16日 14:12
十六夜さん、
確かに、同時中継では居眠りしてる人がいたし、男子会合でも後ろの方で携帯で遊んでいる人がいた。適当に周りに合わせてるだけの人は多そうですね。


隠すさん、
住民票の移動は、皆無とは言えないと思います。ただ、組織的に大規模な移動をしているのかどうかは、よく分からない。以前、都議選応援の為に、週末になると東京まで高速を飛ばしていた某地区本部長にも聞きましたが「ありません!」と断言していました。(当たり前だけど。)投票者数の増減について、私も調べてみます。
Posted by ミル at 2009年08月16日 19:39
お返事ありがとうございました。

住民票の移動は人口の増減でわかりますよ。
Posted by 十六夜 at 2009年08月16日 20:31
十六夜さん、
ありがとうございます。東京都の人口統計を確認してみます。
Posted by ミル at 2009年08月16日 20:52
住民票の移動についてコメントさせていただきます☆
私はこれは【無い】と思っています。
様々な選挙の会議などに出ましたがこの様な打ち出しは聞いた事がないですし、実際にそれだけの大移動があれば何かしら内部でわかる(新しい人が越してきた!)はずですが、←ご近所さんの動きには敏感ですから(笑)
そういう事もありません。
現場の会員はみんな仕事も家庭もありますから、簡単に引っ越しなんかできないし、本部職員だけが移動しているというのも考えにくいと思います。
Posted by ポコ at 2009年08月24日 23:16
追伸:
都議選の票がだんとつ1万票以上も集まっている訳は【全国からの応援(友人知人への指示依頼)】だと思います☆
全国選だと各地域、自分の地域で手一杯で、集中的に応援できない。
区議選も4月の全国統一ですし、統一外などで手透きの地域からも注目度は低い(統一外地域は折伏戦などでいそがしいですし)からだと思います☆
Posted by ポコ at 2009年08月24日 23:24
ポコさん、情報提供ありがとうございます。

目黒区における公明票の推移ですが、ポコさんのご指摘に加えて、都議会・衆院選・参院選は選挙区が異なるので単純に比較できないという事情があると思います。

都議会の場合、公明党は目黒区に候補者を立てていますが、衆院選の場合、目黒区のある東京5区には公明候補者はいません。
衆院選では、学会員は比例代表は公明党に入れますが、小選挙区では恐らく自民党候補者に入れるのではないかと思います。

目黒区の公明得票数に差が出るのは、こうした選挙区の違いも関係しているかと思います。

私個人の見解では、住民票移動が全くない訳ではないと思います。引越しをしなくても知人宅へ一時的に籍を移すことなどは簡単にできますし、学会員ならやりかねないという評価が誰にもあるので、こうした噂も出てくるのかな、と思っています。

ただ、創価学会と言えども、都議選の為に「組織的に大規模な住民票移動を行っている」とは少し考えづらいのではないかという気がしています。

以上、あくまで私個人の見解ですが、隠すさんとは情報共有できていたのですが、ブログに追記しておりませんでした。スミマセン。

以前、某地区幹部の方に、09年都議選の公明党得票数の減少について見解をお伺いしたところ、「学会では会員の票固め『内確』に時期に強弱をつけて取り組む為、『内確』から漏れて民主票になった分があった」との回答がありました。
けれど、会合等で「仏敵」だと叫び、あれほど罵倒している民主党に票が流れたという回答には、少し首を傾げたくなりました。

実際に、一般支持者の減少と、内確漏れによる学会票減少のどちらが公明票減少の主要因であったのかは、回答を得られていません。

ポコさんがご存知の事があれば、またお教えください。
Posted by ミル at 2009年08月25日 11:09
「住民票移動」、この管理社会にあって、そんな面倒なことを見たこともない候補のためにする馬鹿な会員はいない。
住民移動をすれば、運転免許、国民年金、不動産登記簿、クレジットカード、ネット契約、電話・テレビ契約、車両関係、任意保険、保険関係、銀行口座・・・数限り無い事項に変更届をしなければなりません。「香典を持ち去る」レベルの妨害宣伝にすぎません。そんなことをするよりも親戚まわりをしたほうが得票数は多いでしょう。
Posted by ボンテン at 2010年07月17日 04:22
私もう宗門には飽きたわ〜
登山疲れたわ〜
年だから足が痛いの〜
ホントもうねお金がないわよ〜
誰か助けてください。
Posted by ポコ at 2012年09月02日 05:28
学会の人たち団結なんて正しいことに使うのならいいけど、まじめに努力した人とかいい人自分たちとは違うからいじめるよね。新聞なんてインチキ今はわかりました。財務すると宿命転換の早道とかいって老後のお金はないし今もキリギリスみたいな生活してます。結局だまされたのね。口うまかったね。そんな人たちが幸せになるのかね?そんなことはないと思いますけどね
Posted by ふぐ at 2013年08月15日 20:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30541718

この記事へのトラックバック