2009年07月10日

「言」と「動」の間にある溝

2007年5月13日 星陵会館において、人権団体アムネスティやワールドピースナウ、各種ボランティア団体、様々なジャーナリストが参加して行われたもの。
現役学会員による、公明党の政策(共謀罪)に反対する集会の模様。
全面的に賛同するものではないが、興味深いと思う。

池田大作なき後の共謀罪 1/4(YuTube)

>創価学会は、基本的に言ってる事は素晴らしい。誰でも賛同できる事を言っているが、残念ながらやっている事は違う。
>小選挙区制の導入で、どちらかの政党に付かなければ選挙に勝てなくなった。そこから公明党の2枚舌が始まった。

池田大作なき後の共謀罪 2/4(YuTube)

>弱者の気持ちを代弁してきたのが創価学会(公明党)であったはずだが、現在の福祉・年金政策など、弱いもの苛めの党になっている。
>師匠の恩を仇で返す公明党の政策(共謀罪)を池田名誉会長は知っているのか?

池田大作なき後の共謀罪 3/4(YuTube)

>選挙行為自体が宗教行為になっている。非常に短絡的発想で、政治家、政策を見て支持を決める普通のあり方が成り立っていない。
>自分で努力しない、勉強しない状態で突っ走っている現状が、現在の得票数に繋がっている。
>創価学会(公明党)は、本来の哲学に戻るべき。
>池田名誉会長が亡くなった後に大混乱になるのではないか。

池田大作なき後の共謀罪 4/4(YuTube)

>若い世代は、自分の目で政治を監視することができていない。
>公明党は、公に明るくない。やってる事は無茶苦茶だ。
>創価学会員の中に、賛同者は少ない。学会員は、考えと行動が一致していない。集団主義。全体主義。
>時代の変化に対応しきれていないのが、最大の問題。
>一人では何もできないと思わずに、何とかしなきゃという気持ちで行動してほしい。
  
posted by ミル1000 at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 公明党・政治関連
この記事へのコメント
第三者の客観的視線が言葉として動画にあることに
少しだけほっとする自分がいます^^。

表に出ていないだけで、或いは目立たないだけで、興味を持って冷静な視点で見てる人達は意外に多いのかもしれませんね。

私の知らない部分もあって、とても参考になりました。
一人でも多くの人に是非とも観て戴きたい動画だと思います。

公明党はとても選挙は強いです。
都議会も5回連続でしたか、全員当選し続けてるそうで^^;。。
力の入れようが半端じゃないのがうかがえます。

それもやはり信仰活動として組織で訴えるからです。
会員さんは功徳がある・福運がつくと思い込み、全て自腹を切って手弁当で応援を続ける。

もし、本当のことを言ったら・・・
公明党の応援になんの功徳もございません。
福運もつきません。
功徳や福運は、信仰の祈りだけです。
正直にそう言ったら、半分以上落選することでしょう。

しかし、絶対にそうは言わない。
相変わらず、公明党の内容を知らず・知ろうとせず熱心に応援してる人は多いです。
まとまった組織票は確保出来てると思います。

でもそれだけでは、今回はあまりにリスクがある。
投票率は過去より上がるでしょうし、浮動票も多い。
危機感はあると思いますが、う〜ん・それでも蓋を開ければ票を取ってるのが公明党です。

願わくば、全員落選して戴きたい!
純粋な志あらば、無所属で再度立ち上がり戦ってほしい!

そう思います。
でも、人生は思うようにはいかないものです。
我々にとっても、そして公明党にとっても。。。。
Posted by kan at 2009年07月10日 23:32
kanさん、こんばんは。

公明党の「全員当選」について、重要な事と思い、取り急ぎ記事をUPしました。
候補者が10人で10人当選した場合も、候補者が5人で5人当選した場合も、聖教新聞には『大勝利』と書かれます。
別の政党が20人の候補者を立てて19議席獲得した場合、これは「全員当選」ではありませんが、政党として選挙に勝利したと言えます。
要するに、創価(公明党)の言っている事はただの言葉遊びに過ぎないわけです。
Posted by ミル at 2009年07月11日 00:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30435089

この記事へのトラックバック