2009年07月09日

My Way 〜心の決めたままに

自由に生きていいと思う。

 るんるん MY WAY song by Teresa Teng

 あなたに告げよう 迷わずに行くことを

  あなたの心の決めたままに 

 私には愛する歌があるから 信じたこの道を私はゆくだけ
 
  すべては心の決めたままに


テレサ・テンは台湾を代表する歌手。「アジアの歌姫」とも言われる。

1989年、中国共産党政権による反政府活動弾圧・虐殺事件である天安門事件の際には、香港で行われた民主化デモ弾圧に対する抗議集会に参加、民衆の前で歌を披露し、自ら中華人民共和国の民主化実現を訴えた。天安門事件で中国共産党政府に失望したテレサは、中国に返還される香港を発ち、フランスのパリへ移住。
1995年5月8日、タイ・チェンマイで気管支喘息による発作のため、42歳の若さで死去。(Wikipediaより)

台湾、中国、日本、それぞれの激動の時代の中で数奇な人生を送ったテレサ・テン。
「時の流れに身をまかせ」は、大好きな曲のひとつだが、彼女は運命に流されない強さを持っていたのだと思う。

 るんるん MY WAY song by Robbie Williams
  
posted by ミル1000 at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | Songs in my Heart
この記事へのコメント
それがベストライフです!(^0^)

自分の気持ちに素直に生きる。
自分の人生の主人公は自分です。
本来、人は自由な存在です。

人がどう言おうが関係ない。
自分らしく生きることは、一番自分を愛し・賛嘆することだと思います。

本来、人は神の分身であり・仏の分身です。
宇宙の分身と言っても正解です。
大いなるモノと共にあるのです。
その気づきが大切なのです。
気づけば、全てはOK!となり・その思いは次のOK!に連鎖します。
そして「感謝」の結果となるのです。

その尊い存在の個々人に、人が作った宗教組織など全く必要ないのです。
そんなモノに拘束されたり、お金や時間を奪われたりすることは、尊い個性と輝きを失うだけなのです。

自分の師匠は自分なのです。
自分の本音・心根が一番大切なのです。
他を見つめず、他の言葉に惑わされず、自分を見つめればいいのです。
Posted by kan at 2009年07月09日 22:10
kanさん、こんばんは。

テレサ・テンについて少し加筆しました。
彼女はカソリックで、「テレサ」は洗礼名なのだそうです。
カソリックであるテレサが中国の民主化運動に力を注いだ。一方で、日本のとある自称仏教団体は、同じ仏教徒を見殺しにして権力に加担する。
テレサは、台湾の国民的英雄として今も愛され続けています。もちろん日本でも。

自由に生きて、いつか「人生それさえ捨てられる」人に出会いたいですね!心からの(差し迫った?)願いです★
Posted by ミル at 2009年07月10日 20:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30403379

この記事へのトラックバック