2009年05月29日

強く儚い者たち

弱いから心変わりするのか、強いから新しい愛に惹かれるのか。

恋愛も夢も、手にするものもあれば、失うものもある。
諦める事ができるなら、それでいいと思う。
失いたくないなら離さなければいいし、諦めきれないなら取り戻しに行けばいい。

神様は、見守っていてくれるかもしれない。
でも、幸せを掴むのは自分の手。 決めるのは自分の心。
信じるのは自分自身の力 パンチ

 るんるん <Yu Tube>で聴く

  lyrics by こっこ  music by 柴草玲

 愛する人を守るため 大切なもの築くため 海へ出たのね
  嵐の中で戦って 突風の中生きのびて ここへ来たのね

    だけど飛魚のアーチをくぐって 宝島が見えるころ
     何も失わずに 同じでいられる思う?

   人は弱いものよ とても弱い者よ

 「あんなに愛し合った」と 何度も確かめ合い 信じて島を出たのね

    だけど飛魚のアーチをくぐって 宝島が見えるころ
     何も失わずに 同じでいられると思う?

   人は強いものよ とても強いものよ

    きっと飛魚のアーチをくぐって 宝島に着いた頃
     あなたのお姫様は 誰かと腰を振ってるわ

   人は強いものよ そして儚いもの

  
posted by ミル1000 at 17:33| Comment(2) | TrackBack(0) | Songs in my Heart
この記事へのコメント
私もこの歌好きです。
何かを手に入れるも、失うも、自分で考え、決めたことならばいいんですけどね。
覚悟があるかないか、それで周りに対する態度が全然違ってくると思います。

私はこの歌は「絶対はない」というメッセージを感じていました。
特に人の心は移ろいやすい…。
でもその移ろいゆく中で残るものが、真実と呼ばれるものなのかな?と思ったりもします。
Posted by クロ at 2009年05月30日 21:05
クロさん、
「移ろいゆく中で残るものが真実」かぁ・・・。ホントその通りですね。
何年経っても色褪せない想い、どんな障害にも壊されない絆は必ずありますからね!
「絶対」と言えるものがない中で、いかにして真実を拾い上げていくのか、生きている限り探し続けるのかな。
「風にふかれ 迷い揺れて 生きるこの道」(←福山の歌)
「絶対に幸せになれる方法」なんぞを手にするより、こんな人生の方がずっと素敵だと思います。
Posted by ミル at 2009年06月02日 16:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29451629

この記事へのトラックバック