2009年05月27日

法華経の来歴

『日経ビジネスオンライン』 というメルマガを登録している。
登録しているだけで、ほとんど読んでいなかったのだが、「諜報謀略講座」というコーナーの中に面白い文章を見つけたので、ご紹介しておこうと思う。

簡単に要約したものを載せるが、法華経の成立にまつわる、とても興味深い話なので、創価学会員の方にも熟読されることをお薦めする。

第5講:仏教に埋め込まれたインテリジェンスの連鎖
(東京農工大学教授 松下博宣)

(以下、要約)
法華経が書かれたのは釈尊滅後からほぼ500年後、紀元前50年から紀元前150年くらいのことである。
仏教経典に精通する博覧強記の僧である智は、「全ての御経はお釈迦様が説いたことがらを記述した正当なテキストである」という大前提のもとで、次のように経典の価値を判定(教相判釈)した。
お釈迦様は、最初に華厳経をお説きになった。その教えが難しいため、次に平易な阿含経をお説きになった。そして、方等経、般若経をお説きになり、最後の8年間で法華経と涅槃経をお説きになった。そして最後に説いた法華経がお釈迦様の最も重要な教えであるとした。
これを五時教判という。
しかし、智の前提「全ての御経はお釈迦様が説いたことがらを記述した正当なテキスト」は、実は間違いだった。近年、内外の学問研究によって法華経は仏陀釈尊直説を記した経典ではないということが歴然と判明している。
日本に伝わった中国経由の仏教の正当性、正統性が問われる一大事である。日本の仏教徒は、ある意味、偽物の経典を信じて(信じさせられて)きたことになる。そして法華経の影響は、仏教界はおろか、政治、経済、教育の諸制度にまで甚大に及んでいる。
“de facto”とは「作られたるがゆえの」を意味するラテン語だが、ある時代の人材がインテリジェンスをもって次の世代に熱烈な信仰者を生む仕組みを作り、そこから新たな才能を持つ人材がまた別のインテリジェンスをもって次の世代の熱烈な信仰者を生む仕組みを作っていく。この精巧なインテリジェンスの連鎖により、時代や地域を超えたデファクト・スタンダードを作り上げる「強い力」が生み出された。


第6講:語られ得ぬ法華経の来歴

(以下、要約)
法華経創作は、大衆部の僧らが原始キリスト教の福音を参照した(影響を受けた)可能性がある。
その根拠として、第一に、法華経の成立時期とトマスによるインドへのキリスト教伝道の時期が符号するという時代背景。第二に、法華経の構成論理が、上座部系の経典には全く見られず、仏教の脈絡からは隔絶したものであり、かつ福音書の論理構成と同型であること、がある。
法華経は、一乗妙法、久遠本仏、菩薩行道を、法華経の真実性、絶対性、優位性とともに繰り返し説く。福音書は、イエス・キリストのみを救い主として信じ、十字架による罪の償いを受け入れ、その教えを他者に伝えることで誰もが等しく救済されると説く。両者の論理構成は同じなのである。
また、法華経に多用されている「如是我聞」という文言は非常に重要である。「法華経」フィクション・ライターは、独自のストーリーを作り上げ、「如是我聞」=「私はこのように直接お釈迦様からお聞きしました」と虚偽の言説を埋め込んだのである。
インドの「法華経」フィクション・ライターの共同謀議による経典捏造の社会的インパクトは広大無辺といっていほど甚大なものであった。仏教経典のデファクト・スタンダードとして、ユーラシア大陸東部のほぼすべての地域で広く流布し、漢語、チベット語、ウイグル語、モンゴル語、満州語、朝鮮語にまで翻訳されて伝播した。2000年という長きにわたる歴史に浸透させることに成功したからだ。日本でも大きな影響を及ぼしたことは前回述べたとおりである。
1900年くらい前に、「如是我聞」という4文字が物語に加えられ、それが仏教経典になった。約1900年後に、遥か東方の日本で選挙が行われ、その仏教経典をかつぐグループに関連する政党が政治の動向を左右している。事後的に歴史を振り返れば、法華経の来歴にはありありとバタフライ効果(初期値の小さな差が思いもよらぬ差となって結果に表れること)が見てとれる。
この欺瞞工作、ノイズ挿入を仕掛け、後の世に途方もないバタフライ効果を放った一派は、天才インテリジェンスの集団である。法華経を創作して後世に伝播させたインテリジェンスの天才達は極楽浄土からこの不思議な風景を見下ろしてニヤニヤ笑っているのだろうか。あるいは地獄に堕ちて、事の顛末を見上げて苦しみもがき懺悔しているのだろうか。

  
posted by ミル1000 at 17:31| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
大変興味深く読ませて頂きました。
大乗経典は仏説か非仏説か・・・という論議はすでにたくさんの仏教者・学者達によって激しく論争されたものですが、あえて一言申すならば『「法華経」フィクション・ライターの,無邪気といえば無邪気,狡猾といえば狡猾,遊び心といえば遊び心から作られた欺瞞工作のようなゆらぎ,ノイズにはまってしまった。』という松下氏の表現には当てはまらないのではないかというのが私の率直な感想です。如是我聞はどんなに時代が下ろうとも釈尊の本意に迫ろうとする仏教者の真摯な姿ではないかと思うのです。そこに当事者の欺瞞や諜報謀略といった背信的な思惑はむしろなく、民衆の救済に立ち上がった勇敢な姿を想像するのです。それはかつて原始キリスト経典のテキスト作りにおける教団の戦略的な作為(組織に不都合な部分を削除した)とは明らかに違う、結集であると私は思います。
Posted by 妙 at 2009年06月01日 16:37
妙さん、こんにちは。

↓これも、良いサイトだと思います。私にはちょっと難しいですが・・・。
http://fallibilism.blog69.fc2.com/blog-entry-4.html

お釈迦様の教えも、イエス様の教えも、多くの偉人によって様々に解釈されて、時代を反映し、人々に影響を与えて、歴史を作ってきてるんですね。人間の歴史は宗教と切り離して考えられない、その事実が面白いな、と思います。

創価の彼が、キリスト教は戦争ばっかりしてるって言ってましたけど、そういう創価も争い事ばっかり。先日「真言宗と天台宗が1200ぶりの交流」という記事を見ましたけど、どの宗教にも争いや対立の歴史はありますね。人間だから、でしょうか。

私は、仏教もキリスト教も、その根本にある思想はとても近しいものだと思います。生命を尊び、平和を重んじ、寛容を説き、人々を救おうとしている。本来は、優劣も正誤もない様に思います。
Posted by ミル at 2009年06月01日 19:25
妙さんのコメントに説得力がないのはなぜでしょうか?
例えば「組織に不都合な部分を削除」などは創価学会の得意技です。
そういう誰でも少し調べればわかることを無視しているから、説得力がないのでしょうね。

宗教の歴史は争いの歴史でもあり、それは「しょせん人間が作ったものだから」ではないでしょうか。
崇高なことを掲げて立派な行いをするのも人間なら、正義を掲げて反対者を圧殺するのも人間であり、だから「私たちだけは違う」と言い張る宗教団体を信じる気になどなれません。

ましてや池田大作という現存の人間を生き仏のように絶対化する創価学会など、危険な存在として注意すべきではあっても、信用するなんてとんでもない馬鹿なことだと思います。
Posted by 藁人形 at 2009年06月02日 09:37
藁人形さん、お久しぶりです。

宗教思想の視点と、客観的事実の視点が噛み合わないのは当然、という気がします。
両方の視点を持って考察できると理想的なのかな、と思います。

藁人形さんの仰る通り、創価は↓の様な「賞賛すべき事実」まで抹消してしまいますから、勿体無い事ですね。

松下氏は、「法華経はわかりやすさ、直裁さ、強烈さ、美しさが民衆の心をとらえる。情念の深いところに沁み込むように魂を古い立たせるような力さえある。」と書いておられるし、Libraさんのブログには、「法華経によって釈尊の思想がより生き生きと伝わり、宮沢賢治の豊かな感覚は法華経に惹かれることで出来た」とあります。

私は、これを読んで法華経の魅力に触れてみたくなりました。でも、創価に、法華経の魅力を語って一般人を惹きつけられる人は、ほとんどいないでしょうね。残念な事だと思います。
Posted by ミル at 2009年06月02日 17:31
宗教思想の視点と客観的事実の視点が噛み合わない・・・少し誤解があったようです。
私は創価学会が「組織に不都合な部分を削除」をしていないと主張しているのではないのです。それはむしろ逆でそこが一番問題であるのは明らかなわけですが、私が申したのは、法華経成立の背景にあったものは松下氏がいう「欺瞞工作のようなゆらぎ」ではないのではないかと言っているのです。この表現が少し気になっての意見でありました。
藁人形さんのご意見だと私が学会を擁護しているような言い方でしたので一言申し上げておきます。
法華経の成立過程にあった背景と、学会のそれとはあまりにも次元の違う話で、松下氏のいう欺瞞工作や諜報謀略といった背信的な思惑はむしろ学会に当てはまる表現であると感じております。
すみません、生意気を申しました。
Posted by 妙 at 2009年06月04日 10:24
妙さん、こんにちは。
先週は仕事が慌しく、お返事が遅れました。

>すみません、生意気を申しました。
こんな風に仰る必要はないです。どなたのコメントも私にとっては大切ですから、妙さんのご意見も例外ではありません。

一昨日、創価の役員さんにお時間を頂いて、お話してきました。
「法華経の来歴」も読んでもらったのですが、『初めての内容で面白いです。学問としての研究と教義の整合性、浸透はタイムラグが大きいと思います。松下教授の結論もいかにも現実的で、それでええんかいと突っ込みました。』という感想を頂きました。

私からは、『これは日経のサイトに掲載されていたものですから現実的です。経営学者の視点から書かれた、ビジネスマン向けの文章ですから。宗教的思想を云々言ってるサイトではないので、それでいいんだと思いますよ。』と返信しました。

法華経については、役員さんに、機会を見つけて講義してもらいたいな、と思っています。

創価の役員さんクラスでも、「初めての内容」と仰るくらいなので、学会員で認識している人は少ないでしょうね。
今回の記事は、特に学会員さんには、史実にスポットを当てて読んでもらうといいのかもしれません。
Posted by ミル at 2009年06月07日 12:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29412575

この記事へのトラックバック