2009年05月19日

支え合ういのち

阪神淡路大震災の時のこと。
神戸に住んでいた祖母と親戚一家、親戚の老犬が我が家に避難してきた。
このワンコ(おばあちゃん犬)は、震災による疲労のせいであったか、老衰であったかはっきりと覚えていないが、我が家に来た時には、もう、ごはんにも散歩にもウチの愛犬(元気盛りのオス)にも興味を示さず、声を出すことすらない程に衰弱していた。

ところが、我が家の愛犬は、このおばあちゃん犬に、“大変”興味を持ったのだ。
彼女をターゲット内の女性と判断し、精力的に追い回し始めた。

この積極的(なりふり構わない?)アプローチに“女心”を触発された(?)おばあちゃん犬は、数日のうちに驚異的な若返りを見せて私たちを驚かせた。
彼女は、モリモリとごはんを食べ、散歩中も力強く歩き、鬱陶しくまとわり付くウチの愛犬に吠えかかるようにもなった。

この事件を思い出す度、神秘的な様で、実は何よりも自然な事なのだと感じ入る。
老いを感受し、静かに最期を待つ老犬の心が、若さ溢れる生命力に触れ、その体に生きる気力が蘇ったのだ。
動物の心は純粋なだけに、こうした現象が顕著に現れるのではないかと思う。

このおばあちゃん犬は、我が家を去ると、また以前の状態に戻り、その後間もなく静かに永眠した。

人間も、年齢に関わらず、他人から気力や活力を与えられる機会は多い。
落ち込んでいる時に励ましてくれる人から、悲しみを共感してくれる人から、悩み事を相談できる人から。
独りで生きていくことは、人間にとっても動物にとっても、とても厳しいことであり、支え合うことのできる存在が、相互の生命力の糧となっている。
こう考えても、考え過ぎではないと思う。

創価学会のコミュニティの中には、こうした支えあう力が大きく働いているのだろう、と思う。
共依存、MC、信仰を条件にした関係であったとしても、「救われた」と感じる人は確かにいるのだ。
大げさな言い方かもしれないが、いのちの糧を得ることができた組織に、その人間が心酔していくのは当たり前だろう。
人と人の繋がりが希薄な現代社会にあって、こうしたコミュニティが大きな魅力となっている現実は否定できないのではないかと思う。
もちろん、これは末端組織に限られたことであって、組織の中枢は善良な信者を食い物にして肥大しているのだが、幹部の悪行が、盲目となった末端信者の目に映ることはない。

もし、善良な末端会員たちが、組織の悪業に気付き、自分たちの力で創価組織を変えていってくれたら・・・。
そして、日本社会にも、政治が変わり、メディアが変わり、一般人の意識が高まり、社会全体にその歪みを正そうとする自浄作用が起こってくる可能性はないだろうか。
   
posted by ミル1000 at 16:38| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
関西では「わてらのせんせ」というぐらいの絆とよく言われます。

“身近な人”と“偉大な方”の両面テープはなかなか剥がれませんね。

普段から、意外と中枢に近いという感覚があるのも、学会員独特のものかも知れません。

あと、意外と身内(幹部)にもシビアで厳しい感覚というのも。

関西だと東京の幹部に対してです。独特です。
Posted by よっこん at 2009年06月17日 04:53
よっこんさん、

創価は、非学会員には「池田サンのファンクラブ」とも受け取られていますからね。池田サンに対する情熱は、否定しません。

幹部に関してはどうでしょう?
中央幹部に対して末端会員の厳しい目が行き届いていると感じているなら、それは、中央(池田サン)の術中に嵌っている、と感じてしまうのも、外部(非学会員)からの客観的な見解です。

池田サンが末端会員の前で幹部を叱咤する場面は、周知の事です。
また、こうした図は創価学会に限った事ではありませんからね。

実際、中央幹部のスキャンダル(女性問題や裁判沙汰、事件の数々)は、組織内部にいてもご存知のはずです。加えて、大切な財務の行方をこうした中央幹部に放任しているわけです。学会幹部の考えている事など、おおよそ池田サンのご機嫌を取り、自分の地位を守ることぐらいでしょう。

こんな状態で、幹部をシビアに監視できているとお考えなら、甘いと言うか、何も見えていないとしか言い様がありません。
Posted by ミル at 2009年06月18日 19:33
個人的には、そう遠くない池田大作亡き後の学会がどうなるのかを考えています。

1人の指導者がその任を受けて立つのか、

方面ごと(関西、四国、中国等)に割れて運営するのか、

見事に崩壊するのか。

真の答えはその時ですが、私としては1人になっても創価学会を貫くつもりなので、あまり関係ありません。

極端な話、個人的な話であまり参考になりませんが。
Posted by よっこん at 2009年06月19日 00:56
>中央幹部に対して末端会員の厳しい目が行き届いていると感じているなら・・・

届いてませんよ、全くね^^;。
全てベールに包まれてます。
聞いても、無難な言葉でごまかしのスルーです。
そして、あまり突っ込むとね、今後の人間関係とかあるし・しがらみもあるし・何となく遠慮して尋ねないようにしてる・・・それが実態です。

>それは、中央(池田サン)の術中に嵌っている、と感じてしまうのも・・・・

と言うより、ダイレクトに恐れ・脅えてるというのが正解だと思います。
池田氏の欲望や我儘・気まぐれ・ヤキモチ・・・
それらは常人の理解を越えた異常さです。

たしかに彼の卓越したカリスマ性とアジデーター能力で
組織は膨大に拡大はしました。
と同時に、膨大な財力と権力をも手にした。

それがゆえに、普通の人が持たない異常な我儘と狂ったような
攻撃性も持ってしまった。。。
と言うより、そういった素養が異常なまでに拡大したと表現したほうがいいかもしれません。

この組織は、見えない中心は池田氏への「恐怖」が推進力となってる・・・
少しでも異を唱えようものなら、どんな酷い目にあうかわからない・・・
あれだけ身を削って貢献した竹入さんや矢野さんのように
組織をあげて責められたくない・・・
そんな恐怖が中心軸になってるように感じます。

もちろん、末端の会員さんはそんなことを思ってる人は少ないと思います。
キレイ事や功徳・福運の言葉、その場だけの幸福な体験談
そんな麻薬の陶酔シャワーでごまかされてる人も多いです。

でも、気づき始めてる人も増えています。
こんな頭の悪い鈍い私が気づくくらいですもんね^^;。
Posted by kan at 2009年06月19日 01:08
よっこんさん、あなたは確信犯??
私の中でその疑惑が膨らみつつある・・・。

kanさん、
池田さんに対する恐れ、かぁ。
ただのオジイサンなのに、それもMCによるものでしょうか。
でも、気付き始める人は、これからどんどん増えていくでしょうね。

気付く事で、苦しみや悩みを抱えいる学会員さん、
『元バリ創価学会2世のブログ』のさくらさんの言葉です。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
10代、20代、30代・・・・過去をやり直すことなどできない。

あんな言葉を信じるんじゃなかったとか、ああ言ってやればよかったとか思うこともあったけれど、もうあの頃の自分ではないことに気が付いた。

嬉しいことだ。

後は静かに穏やかに、家族を影から支える存在になりたい。

にこにこ毎日微笑んで・・・

「おかあさん コーヒーが飲みたい」
と言われれば、最高の笑顔で「はいはい、待っててね」
とキッチンに立つ・・・
そんな温かい家庭を築けたことが嬉しい。

それにしても・・・・・・・・・・・・

運命とかが存在するとしたら・・・
絶対に私はついている!

http://blogs.yahoo.co.jp/naitii_20070825/32250408.html
〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
Posted by ミル at 2009年06月19日 15:15
確信犯です。

でも素直に思うところです。

冠婚葬祭だけの創価学会になったら、新しい創価学会が必要になるでしょう。

冠婚葬祭だけの創価学会員は増えています。

私の弟しかりです。

発想を変えて、冠婚葬祭でひろめる手もあるかも知れませんが。

では。
Posted by よっこん at 2009年06月24日 03:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29242843

この記事へのトラックバック