2009年05月15日

八百万の神様

日本人の宗教には、古来、神様と仏様が共存してきた。
神仏習合は日本の文化であり、現在も私達の生活に根付いている。

寺院、神社、天満宮、稲荷大社、私達は神様仏様を同じ様に大切にし、折々手を合わせる。
家の中に神棚と仏壇があったり、お寺に鳥居があったり、日本人は合理的かつ柔軟に神仏を共存共栄させてきた。

私は「スタジオジブリ」の作品が大好きなのだが、宮崎アニメの中には、必ず<神>の存在がある。
風や、森や、川の神様が、いろんなカタチで登場する。

そうした万物への崇敬の念は、大人たちの感動を呼び起こし、子どもたちの心に自然と溶け込む。そして、自然や生命への愛情、時として畏怖の念を抱かせる。
そうした感情が、人の心を豊かにしていくのではないかと思う。

多感な幼年期に、たったひとつの固定観念を押し付けることは、豊かな感性を損なうことになりはしないだろうか。
日蓮の、創価の教えだけが正しいと刷り込まれた2世、3世の方々の成長後の苦悩が、ネット上には溢れている。
信仰を子供たちの足枷にした親の責任は、計り知れないものがあるのではないだろうか。

信仰が本来の意味を失わない限り、その真偽や優劣を問う必要などないはずだ。
創価の掲げる「平和」「教育」「文化」は何も創価特有のものではなく、どの宗教団体も目指すものは似たり寄ったりなものなのだから。
それぞれの宗教が、それぞれのやり方で信者を救い、共栄共存していけば良いではないか。
開放された精神で万物を敬うこと、本当の祈りとは、その様なものではないだろうか。
「我こそは」と他を押しのけ、のし上がろうとするから、反感を買い嫌われるのだ。
釈尊も八百万の神々も、何と愚かしい事よ、と嘆いているに違いない。
    
(5/19 追記)

スタジオジブリの作品について触れたが、ジブリ社長の星野康二氏は、創価学会員である。この星野氏は、かなり熱心な信者であるらしい。

詳細は、下記「博士の独り言」にある記事を参照頂きたい。
http://specialnotes.blog77.fc2.com/blog-entry-1382.html

参考:スタジオジプリ公式ホームページ

『ジプリ』にどれだけの創価学会員が関わっているのかは分からないが、日本の誇りである宮崎ワールドが創価教に侵食されない事を心から願っている。



posted by ミル1000 at 19:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
釈尊は法華経を説いた時点でそれまでの教えは捨てるように言ってますが?
宿命転換できる宗教は日蓮仏法だけです。その他多数は一定の効果はあってもこれだけは無理です。現にそれを言い切れる宗派は存在しません。
あなたはどんな人でも必ず幸せになれる方法をご存知ですか?
一人ももれなくそうなれるから強く主張するのです。
何か問題あるでしょうか?
Posted by ルッキー at 2009年05月18日 12:04
ルッキーさん、
法華経を信仰する諸派では、法華経は釈迦が晩年に説いた最高の教えである、とされていますが、仏教文献学上、これは完全に否定されています。
法華経の成立は釈迦滅後、数世紀のちの事とされており、釈迦が直接説いた教えではないことが定説となっているのです。
創価学会では、この文献学の研究成果に対する考え方を、明確にはしていませんね?
学会が法華経を釈迦の説法と主張する以上、文献学に基づいた証明をする必要があるでしょう。

「どんな人でも必ず幸せになれる方法」ですか。
学会員の方は、皆同じ事を言いますね。個性が感じられません。
その様な方法は知りませんし、知りたいとも思いません。
「桜梅桃李」という言葉をご存知ですよね。
人は千差万別。幸せの在り方も、人それぞれです。幸せが「法華経」にのみ存在する決め付けてしまっては、無限にある幸せの可能性を小さな壺に押し込めている様なものです。
幸せは、自分で探して、自分で見つけ出すものです。でなければ、本当の幸せの意味など理解できません。
他人に幸せを確約する事などという行為は、あまりに無責任で、罪深きことです。

創価学会に関わって「幸せ」になるどころか、悩み苦しんでいる人は山の様にいます。彼らは、創価の方法では決して幸せにはなれません。私も同じです。
Posted by ミル at 2009年05月18日 14:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/29168231

この記事へのトラックバック