2009年04月24日

もはや「カルト池田教」

引き続き、『黒い手帖』を引用しつつ、創価学会のカルト性について考えてみたい。

初めて創価学会の会合(同時中継)を見たとき、予想以上のショックを受けた。
以前、「2月の同時中継」、「彼の弁論?」などで、その印象や批判を述べているが、その中で「カルト」という表現は使わなかった。
その定義を十分に理解していなかった事もあるし、信仰の自由を否定できないという思いもあった。
私の目に、創価学会がいかに異常に映ろうとも、それを素晴らしいと感じる人もいるだろう。
蓼食う虫も好き好き、である。

しかし、創価学会が、反社会的、非人道的な要素を持つ危険性の高い組織であると確信した今、私の中で創価学会は、もはや明確な「カルト教団・カルト池田教」である。

『黒い手帖』で矢野氏はこう述べている。
----->
私の手帖はまさに爆弾だった。
学会、公明党の暗部に触れる内容も少なくない。
振り返れば、私が現役時代、実に多くの事件が起きた。
それ自体、学会という宗教団体の異常体質を示すものではないかと思う。

<-----

矢野氏が関わった事件とは、言論出版妨害事件、学会と共産党との協定、池田氏の女性問題を記事にした「月刊ペン」との裁判、大石寺との
二度にわたる紛争、ルノアール絵画疑惑、捨て金庫事件、国税庁による学会への税務調査、などである。
残念ながら、『黒い手帖』の中でその仔細は述べられていない。
いずれ、全てを白日の下に晒す日が来るという矢野氏の言葉に、期待したい。

会合(同時中継)で、私は、学会の「個人」に対する執拗なまでの攻撃、悪口雑言の数々、池田氏に対する異常なまでの服従と妄信ぶりを目の当たりにした。
しかし、私が予想以上にショックを受けたのは、彼が、この会合を「素晴らしい」と賞賛し、罵詈雑言の溢れるスピーチに躊躇うことなく拍手を送る姿を、この目で見てしまったから、なのかもしれない。
彼と距離を置いている今も、彼のこの行動がマインド・コントロールによるものであり、彼本来の姿ではないのだと、信じたい気持ちは消えてはいない。

『黒い手帖』からも、会合の異常性が、いかに危険性を孕んでいるかが
分かる。
(以下引用・一部要約)----->
学会会合においても、誹謗中傷は日常茶飯事で、名は全て呼び捨て。
罵詈雑言のオンパレード。
竹入義勝元公明党委員長、山崎正友元創価学会顧問弁護士、阿部日顕日蓮正宗前管長、藤原行正下公明党都議への凄まじいバッシング。
およそ宗教団体、宗教人の言葉とは思えない汚い口調の誹謗。
会合の会場入り口には、それらの人の名を書いた色紙様の紙を置き、会員たちにあたかも踏み絵の様に土足で踏み躙らせた。
こうすることによって、会員の憎悪新を掻き立てただけでなく、躊躇する者は異心ありとして学会への忠誠心を確かめた。
また、仏壇に彼らの名を記した色紙様の紙を置き、呪い殺さんかのように会員に指導した。
学会や公明党の中枢にいた人間が離反した際に、連鎖、連動による他の会員の学会離れを防ぐために熾烈な見せしめが必要であり、学会首脳は、見せしめ効果を高めるためには「容赦のない徹底した攻撃」が有効だと考えている。

<-----
更に、----->
あたかも敵を呪い殺そうとでもしているような指導は一刻も早くやめるべきではないか。
人の幸せを祈るならまだしも、宗教人ともあろうものがそのようなことを行っているとは信じがたい。
こうしたマインド・コントロールが、カルトの特色だと指摘する専門家もいる。 昨今の学会の暴走ぶりを見ていると、狂信集団に変異しつつあると見る人が出てもおかしくない。

<-----

こうした極端な思想が、ごく普通の人の心を支配していくキッカケは、人の心の弱さに因るものなのか。
それとも、社会の歪みに因るものなのだろうか。

例え小さな挫折でも、心に痛みを抱えるのは辛い。
おそらく、学会員の誰もが、そういう痛みを知っている。
その経験は、やがてその人の中で「優しさ」や「強さ」、「思い遣り」へと成長するはずだった。
そして、同じ痛みに苦しむ人を救えるはずだった。

しかし・・・、
学会で日常的に繰り返される荒んだ言葉を、心苦しく思う人は、もはやいないのだろうか。
人を許し、人に許されて誰もが生きている。その事に気付く人は、もはやいないのだろうか。
妄信の果てに頑なに閉ざされた心を哀れと思える人は、どこにもいないのだろうか。

学会信者の心から優しさを奪い、破壊しながら、学会の導く道は、何処へ向かっているのだろうか。

人気ブログランキングへ
↑ 創価学会問題を多くの国民に知らせるためにクリックお願いします
posted by ミル1000 at 15:45| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
末端の一般信者さんのことを思う時、何ともやるせない気持ちになります。
外から見れば騙されている、マインドコントロールされていると分かるのに、本人たちは自ら望んで中へ中へ入っていくのですから。
真性学会員の私の母親の場合だと、口汚く罵られる人(団体)はされるだけの理由があり、また、そうさせているのは向こうなのだから、罵詈雑言を言わなければならない自分たち学会の方が逆に可哀相、というような考え方です。
認知的不協和の現象であり、自分たちを悲劇の主人公に仕立てて酔っている感があります。
これらの心理を駆り立て先導するのも、間違いなく学会の指導です。
日本一の宗教団体の名はダテじゃない、人心掌握術だと思います。卑怯で許せないけど、巧いとしか言いようがありません。
Posted by クロ at 2009年04月24日 23:37
クロさん、
お母様の見解をコメントしてくださる事、私にとって、とても参考になります。
多分、お母様を含め学会員の多くは、「口汚く罵られるだけの理由」が何なのか、考えてみることもないのでしょうね。
学会が悪いというから悪い、それ以上でも以下でもない。
以前、彼が、「人と同じはイヤ。個性を大事にしたい。」という様な事を言った事があるのですが、それを聞いた時は、ただただ、憐れみで胸がいっぱいになりました。
数百万人の学会員の思考が辿り着く先は皆同じ。すべてが、創価学会・池田大作に返っていく。そこに個性なんてないのに。
私の目には、誰もが同じことばを反芻するロボットにしか見えない。
自分達が操り人形になってしまった事にも気付かないで、無邪気に個性を語る姿を、本当に痛ましいと思いました。

昨日、鳩山総務相が、草なぎさんを「最低の人間だ」と批判した事を謝罪しましたね。

「はらわたが煮えくり返り、言ってはいけないことを言った。
人間が人間を評価することはできない。」

総務省に多くの抗議が寄せられたそうです。
創価と違い、鳩山氏の対応は賢明だったと言えると思います。
Posted by ミル at 2009年04月25日 16:45
参考にして頂けて良かったです。全然解決の糸口にはならないけど、相手(学会員)の考え方を知るというのは話し合う上で重要ですからね。
彼氏さんの「個性を大事に〜」というのは、もしかして聖教新聞によく出てくる「桜梅桃李」の考え方かもしれませんね。桜、梅、桃、李、みんな違った花や実をつける。個性が大事、みたいな意味です。
彼氏さんが自分の考えとして「個性が大事」と思ったのか、学会の教えから来たのかは分かりませんが…。
個性を重んじるなら、聖教新聞の集合写真に写る没個性の服装と髪型を何とかしたら、と思いますけどね。

私も数日前からブログを始めました。リンクさせて頂いたので、ご報告します。まずかったら言ってくださいね。
自分でブログをやってみて、初めて文章にする大変さが身に沁みました。
これからもミルさんを手本に、応援します。
Posted by クロ at 2009年04月27日 00:27
学会に入信させる為に複数の人間で取り囲み、脅し文句を散々浴びせて勧誘する。病気で悩む人を、神秘体験を発表する講演に連れて行き、入信すれば病気が治ると思い込ませる。様々なカルトの常套手段ですね。罵詈雑言はネット上でも聖教新聞でも多く見られますが、彼らにとっては勝利宣言に向けた戦闘態勢が常に繰り広げられているのです。宗教団体ではなく過激な政治結社、言論武装集団と言えるでしょう。黒い手帖が衝撃的な告白本であるにもかかわらず、中々表の世界でマスコミにもフューチャーされないことを危惧しております。
Posted by 妙 at 2009年04月27日 10:56
妙さん、
創価学会の強引な折伏のことは、多くのブログやサイトで目にしています。
私個人の体験では、彼を含め出会った学会員の誰からも、勧誘の素振りすらありませんでしたので、コメントしづらいのですが。
座談会でも、今思うと失礼だったかな、と反省するくらい、ハッキリキッパリと創価を否定しましたが、過剰な反応を見せる人は誰もいませんでした。
地域性があると思いますが、末端の人達、特に年配の方の中には、ただ法華経の信心を大切にしたいと思う人が多いのかもしれない、と感じています。
宗門の信徒団体として大石寺に参拝していた時代の人々は、現在の教義に疑問を持つ人が少なくない気がします。
あまり根拠のない個人的な印象なのですが・・・。

私の出席した会合は、幹部と池田さんの演説を録画したもの(内部では同中と言われています)ですが、ドン引きする言動満載だったこの会合よりも、更にすごいモノがあると聞いています。
彼もついていけなくて参加していないと聞いた時は、本当にホッとしました。
人間性にはいろんな側面があるから、誰もが攻撃的な一面を持っているのだとは思いますが(私自身、かなりキツイ性格ですし)、創価の正常と異常の線引きが「一般」とはかけ離れた場所にある事は確かでしょうね。
Posted by ミル at 2009年04月28日 14:31
そうですね。それぞれの会員の学会への係わり方で違いがあるようですね。中には選挙運動には絶対参加しないと言う方もいれば、年回忌の法事を坊さんに頼まれる方もいます(ごくわずかですが)。信心深くてものめり込まず、気さくに色んなお話をされる方は、真摯に向合ってお話をすればこちらの言っている事を理解できるのです。恐らく一昔前と違い、組織自体に余裕ができたのでしょう。しかし、何でもかんでも勧誘を強要しなくなったその分だけ、本当に恐ろしい存在になったとも言えますね。
Posted by 妙 at 2009年04月28日 17:03
創価学会の手口に集団ストーカーとパソコンへの不正アクセスがあり、個人のプライバシーを収集し、人を入れ替えつつ、行く先々でプライバシーを知り得ていることをほのめかす。家族間の家庭内の会話を職場の学会員(学会員なのを伏せている)と会話すると、別の学会員がその家族の周囲で大きな独り言でその内容を話す。といった方法だ。法に触れる行為だが、通報時、担当警官内に学会員がいると、警察法より宗教を優先するので、軽犯罪はもみ消されます。
Posted by カルト大作 at 2009年12月30日 07:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28661259

この記事へのトラックバック