2009年04月14日

祥月命日に寄せて

4月14日、大切な人の祥月命日。あの日から3年になる。

毎年、お寺に命日のお供養をお願いする。
お経をあげてもらい、御札と御守をいただく。
御札は、一昨年亡くなったワンコの写真と並べてテレビの上に置き、
肌身御守は、通勤定期用の小物入れに入れる。
御札には時々手を合わせるくらいで、毎日お勤めをする様な事はない。

このお寺は、菩提寺でもないし、過去には縁もゆかりもなかった。
3年前、このお寺を訪れたのは、偶然に近い。

enmanji

 一年中いつでも本堂をお参りできること、
 電車で行きやすいこと、
 本堂の空気が気に入ったこと、
 小さなお寺で訪れる人が多くないこと、

そんな単純な理由で、最初の1年は毎月お寺を訪れ、手を合わせた。

お寺の法話は、自然と心に馴染む。

 旅先でお地蔵様を見かけたら、そっと手を合わせましょう。

そんな、優しいことばが、とても好ましい。

あの人は、あなたに、温もりと、感謝の気持ちと、哀しみを乗り越える勇気を遺してくれました。

誰もが生かされています。
先祖、祖父母、親、子供に、友人や恋人にも、多くの人に許され、
生かされています。
だから、感謝の気持ちを忘れてはいけません。

お釈迦様の心とは、全てを許す慈悲の心なのです。
posted by ミル1000 at 11:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
ミルさん はじめまして 学会二世、現在非活動のりりこです。すごく いろいろ勉強されてて、バリ盲信婦人部に見習ってもらいたい位です。私は主人のおかげで今の状態になれました。ミルさんのような 聡明でしっかり者の彼女がいれば、きっと、彼は学会から離れますよ!
あせらず 頑張ってくださいね。応援してます!
Posted by りりこ at 2009年04月19日 13:40
りりこさん、
はじめまして。コメントありがとうございます!
こうしてブログに励ましのコメントを頂く度に、本当に嬉しくて、
「ネットって素晴らしい!」と、ひとり感激しています。

彼とは、しばらく会っていないんです。
私はつい、強い口調で正論を並べ立ててしまうので、返って彼の心を頑なにしてしまっている様で・・・。
その事に気付いたら、どう接すればいいのか分からなくなってきてしまって。

しばらく距離を置いて、私の方が、もう少し話し方を考え直さなければならないみたいです。
カルトやMCに関する本でも読んで勉強しようかと思いあぐねる今日この頃です。

でもいつか、私が彼に伝える諸々の事が、彼が学会について考え直すキッカケになってくれればいいな、と思ってます。

また、お暇な時にのぞきに来てください。
Posted by ミル at 2009年04月20日 15:10
はじめまして。以前からロムしておりました。
学会2世ですが元々全く信じていませんでした。既に脱会済みです。
学会員の母親の財務の発覚がきっかけで、学会というものを調べ始め、今や完全なアンチです。
現在も信心篤い母親との戦いはまだ続いておりますが、ミルさんをはじめ、たくさんのアンチブログに励まされた一人です。
大変だとは思いますが、これからも頑張ってくださいね。
Posted by クロ at 2009年04月20日 18:24
クロさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
2世・3世でアンチの方々は、ご家族との間に壁ができてしまうので、精神的に辛い事が多く、本当に大変なのだと思います。
でも、家族だからこそ、いつか分かり合えると信じたいですね。
私も、日々たくさんのアンチ創価ブログ、そして、こうしてコメントを
寄せて下さる方々に励まされています。
メールを開設してみましたので、メッセージ、アドバイス、共有できる情報がありましたら、お知らせ頂けると嬉しいです。
これからも無理をせず、一歩一歩進んでいきましょう!
Posted by ミル at 2009年04月22日 13:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/28463831

この記事へのトラックバック