2009年03月27日

愛は学会に勝つ?

今朝、喉があまりにも痛いので耳鼻科に行ってきた。
ネットで一番近くの病院を調べて行ってみると、とある雑居ビルの中、
重い扉を開けると、花粉症の時期だと言うのに、閑古鳥が鳴いていた・・・。
まぁいっか。

風邪から来る扁桃腺の炎症との事。
体調がすぐれないと、気分も低下してしまう。
考えもうまくまとまらず、彼の事も、学会の事も、もう投げ出してしまいたい。

ブログ巡りをしていて、キヨさんの言葉に、涙が滲んできた。

------------------->
創価学会の恋人がいて悩んでいる方々、
最初は本当に小さな目標でいいと思います。
宗教という大きな壁を破ろうとしている今、
全てが未知の世界で相手の世界がまるでわからない・・・
全てのことが大きなの目標なのかもしれない、
でも、それでも乗り越えたいと思う強い想いがあるのならば、
相手の心を動かせないことはないと思います。

何をやっても上手くいかない、わかってくれない、わからない、
そんな風に悩んでいたとしたら、足下の小さな階段を見失っている
のかもしれません。
本当に低い階段でも、上へと繋がっている階段。
もしそれを見つけ登る事が出来たら、あなたは決してゼロではなく、
プラスになっているのです。
(ブログ「創価学会の私と無宗教の彼」より)
<-------------------

posted by ミル1000 at 16:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
こんちは。ガッシュといいます。
オイラは非会員です。もうだいぶ時間が過ぎたけど、昔、ブログ主さんと同じ経験したよ。

はっきりとね、おかしいところはおかしいと指摘したほうがいいと思うんだ。だから、ブログ主さんの方向性は間違ってないと思うよ。
彼だってうすうすは気づいていると思うんだ。学会が世間から疎まれているということを。
それに、ネットを見ていて、うまくいくカップルというのは、大抵、おかしいところはおかしいとはっきり言っている場合が多いんだよね。ま、矛盾を指摘されて切れるなら、もともと脈はないんだろうけど。

それにしても、彼だけど「万年金欠病」や「話がかみ合わない」ことからして、かなり依存的だと思うな。彼の生い立ちから現在に至るまでの背景を聞いてみたら、なぜ彼が入会にいたったのかも見えてくるかもしれないね。
んじゃ、またね。
Posted by ガッシュ at 2009年04月03日 21:44
ガッシュさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

彼には、学会の嘘や犯罪を何度も何度も繰り返し話してきました。
1週間前、本部長さんを交えた話合いで、やっと私の言う事が真実だとわかってくれたところです。
でも、まだ学会活動を続けています・・・。
昨晩は、彼自身が騙されMCを受けていたと知って、それでもまだ学会活動を続ける理由を聞きました。
何度聞いてもなかなか返事が出来ない様で、やっと返ってきた答えは「わからない」でした。
彼の複雑な家庭環境が学会入会に関係しているのかどうか、今はまだ判断しきれなくて。
ホントに手探りで進む毎日です。

またコメントお待ちしています。
Posted by ミル at 2009年04月05日 22:05
ガッシュです。返事ありがとう。

>彼には、学会の嘘や犯罪を何度も何度も繰り返し話してきました。
>何度聞いてもなかなか返事が出来ない様で、やっと返ってきた答えは「わからない」でした。

なぜ活動するか、その意味も「わからない」まま行動していること自体が、コントロールされてきている証とも考えられるね。家庭環境に恵まれないと、一見暖かそうな集団に惹かれるというから、彼の複雑な家庭環境が影響しているのかもしれないね。
だとしたら、彼に暖かい家庭の雰囲気を感じさせるような接し方が有効かもしれないよ。
感情的に問い詰めるような話し方にならないように、こういうところがおかしいと思うよと言う「話し方」も工夫が必要だと思う。

もう知っているかもしれないけど、相談窓口があるので紹介しておくね。
ttp://mirei2007.blog88.fc2.com/blog-entry-40.html
(頭にhをつけてね)
↓こちらも参考になると思うよ。
ttp://freezu.blog76.fc2.com/blog-entry-28.html

んじゃ、またね。
Posted by ガッシュ at 2009年04月08日 22:08
ガッシュさん、
こうしてアドバイス頂けるとすごく嬉しいです。ありがとうございます。
私は何でもハッキリ言ってしまう性質なので、
本当にもっと冷静にならないとダメですね・・・。
彼の創価学会への依存度は、かなり高いみたいです。
「創価学会=素晴らしい」に当てはまらないものは、
何も受け付けようとしない。
何を話せばいいのか、分からなくなってしまいます。
もっとうまく話せたら・・・と自分の言動を思い返して、
いつも後悔してしまいます。
Posted by ミル at 2009年04月09日 17:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/27944169

この記事へのトラックバック