2009年09月04日

偉人の七光 【トインビー編1】

A・トインビー、松下幸之助、キング牧師、ガンジー。。。

偉人の七光ぴかぴか(新しい)を強引に利用するのが好きな池田センセイであるが、どこぞの有名人が池田ダイサクを自分のステイタスの証明にしているという話は、ついぞ聞いたことがない。


先日、『自由の砦』に紹介されている、A・トインビー博士の孫娘ポーリー女史の手記「The Value of a Grandfather Figure」(1984/5/19 英紙『ガーディアン』掲載)を読んでみた。

「自由の砦」に和訳文があるのだが、たまたまこの和訳に噛み付くサイト「トインビー対談に対する誹謗の実態」(ふうふうさんのウェブナビ)を見つけたので、「原文」「砦の和訳」「ふうふうさんの解釈」を見比べ、私なりに検証したものを以下に紹介させて頂く。


最初に明確にしておくが、手記を読む限り、ポーリー女史が池田大作を好意的に見た箇所はどこにもない。
同女史の池田氏に対する評価は下記にはっきりと表れている。鋭く的を得た指摘だろうと思う。

---------------------------------------------------------------------------------------
Asked to hazard a guess at his occupation, few would have selected him as a religious figure.
(池田氏の職業を当ててみろと言われて、宗教者を選ぶひとはまずいないだろう。)
I have met many powerful men -- prime ministers, leaders of all kinds -- but I have never in my life met anyone who exuded such an aura of absolute power as Mr Ikeda.
(私はこれまでに多くの権威ある人々--首相や、様々なリーダー--に会ってきたが、池田氏ほど絶対的権力のオーラを滲み出させた人物には、未だかつて出会ったことがない。)
He seems like a man who for many years has had his every whim gratified, his every order obeyed, a man protected from contradiction or conflict.
(池田氏は、恐らく何年もの間、自分の気まぐれを全て満たし、常に命令に従わせ、そして彼に対する反発・反論から守られてきた人物なのだろう。)
I am not easily frightened, but something in him struck a chill down the spine.
(私はめったに恐怖心を持つことがないのだが、彼には背筋が寒くなるものを感じた。)
---------------------------------------------------------------------------------------

池田氏は、初対面のポーリー女史に対し、図らずもこれほどの「不快感」を与えたのだ。25年前、同女史が池田氏から受けた印象は、現在様々なところで証言されている池田氏の人物像そのものと言える。


さて、ふうふうさんは<1.ポリー氏の『対談』観>で、「ポーリー女史は来日する飛行機の中で、時間つぶしの為に、初めて『21世紀への対談』を読んだ」と指摘している。

なぜ出版後8年もの間、ポーリー女史が同書を読む機会に恵まれなかったのか、その理由を見落としてはならない。

------------------------------------------------------------
It is probably the book among his works most kindly left forgotten
(祖父の著作の中で最も忘れ去られた様な本)
------------------------------------------------------------

女史が「for the first time(初めて)」と書いた意図がここにあることは、ある程度の読解力があれば読み取れるはずだ。

要するに、『21世紀の対話』は、ポーリー女史の目にも留まらない程度の本だったのだ。だから池田氏の招待を受けて「初めて」手にすることになった。

また、ふうふうさんは「時間つぶしを目的として読んだポーリー女史の同書に対する評価は正当なものではない」とも指摘しているが、「時間つぶし」とはどこにも書いていない。これは推測が行き過ぎている。

『21世紀の対話』が「汚染や戦争等の諸問題を真剣に語った本」として評価を得ていたのなら、ポーリー女史は8年も待たずして同書を読んでいただろう、と考える方が、はるかに妥当な解釈と言える。

(偉人の七光 【トインビー編2】へつづく)
posted by ミル1000 at 00:03| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記