2009年07月16日

松下幸之助の「学ぶ心」

学ぶ心さえあれば、万物すべてこれわが師である。
語らぬ石、流れる雲、つまりはこの広い宇宙、
この人間の長い歴史、
どんなに小さいことにでも、
どんなに古いことにでも、
宇宙の摂理、自然の理法が密かに脈づいているのである。
そしてまた、人間の尊い知恵と体験がにじんでいるのである。
これらのすべてに学びたい。

松下 幸之助

先日、とある学会員に「敵基地攻撃と船舶検査新法を体を張って止める」発言の見解を求めた。
2日間の沈黙の後、船舶検査法が国会に提出された日、以下の様なメールが届いた。

『実際には公明党は産経の書いてた記事の全く反対の政策をとっているらしいよ。昨日のニュースでも報道されてたって。マスコミが適当な記事を書いたみたいやで。』

私がイライラッむかっ(怒り)とするのがお分かりになるだろうか?
人から聞いた事をまる写しにして書いてきているだけで、何一つ自分の考えがない。

この学会員には、次の様な返事を送った。
『人の話を鵜呑みにして私に伝えないで。自分の目で確認して、自分の頭で考える癖を付けてください。
(公明党についてのくだりは中略)
何を信じるかはあなたの自由だけど、信じるものの根拠を、人の話だけに頼るのは止めた方がいい。あなたのメールの書き方も、他人に責任転嫁していて全く説得力がない。自分自身の発言として、その根拠を自分の知識と信念に置くように心がけて。』

この学会員、私が付き合っていた彼である。

創価学会の功績は、思考停止の人間を大量に作り出した事だと、よく批判される。
彼は、その典型と言えるだろう。(まぁ、もともとの頭の悪さもあるけど。)
彼にとって、池田大作の発言はもとより、男子部本部長、部長、創価友達、創価に属する全ての人の発言が無条件で真実となる。
そんな姿が、時に、とても憐れに思える。

さて、彼に入れ知恵をしたのが誰かは分からないが、この入れ知恵主は無責任な情報で彼を丸め込んで満足してるのだろうか。
私なら、彼に自分の頭で考える機会を与えようと思うし、そうしたはずだ。

創価の掲げる「教育」という理念が本物なら、彼は10年以上の創価との関わりあいの中で、もう少しアイデンティティのある人間になれたと思う。
「信者=一票」であるが故に、余計な思考力は邪魔とばかりに、自分の頭で考える機会も時間も与えず、不都合な情報を隠蔽し、耳に心地良い美辞麗句を並べ立てるのが、創価学会のやり方だ。

今一度、創価の敬愛する松下幸之助の言葉に目を通して考えてほしい。
多くのソースから知識を得ること、
その中から何を拾い上げるのかを自分の頭で考えること、
相対する考えをよく租借すること。
こうした事は、多くの創価学会員に欠落しているものだ。

そして、特に指導する立場にある方々には、自分の行動をよく省みてほしい。
仲間を愛する気持ちがあるなら、誰に対しても、その人にプラスになる方法で接するのが、本当の意味での「指導」ではないだろうか。
無責任な助力は、けっしてその人の「学び」にはならない。

人気ブログランキングへ
↑ 創価学会問題を多くの国民に知らせるためにクリックお願いします

  
posted by ミル1000 at 14:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記