2009年07月10日

「言」と「動」の間にある溝 -2

創価学会員のAさんからメールを頂いたので、紹介させて頂く。

創価(池田大作)は時に耳障りの良い言葉を並べる。誰もが頷ける、納得できる言葉。それは、何も当別な言葉ではない。
私の父母、祖父母も、同じ様に当たり前の道徳を私に教え、私を育ててくれた。
Aさんの言う「あたり前なのに学会員にはできていない事」。それは、社会の常識であり、道徳と言われるものだ。

「言葉」と「行動」の間(はざま)にある溝、それに気づかない学会員が多い。「理想」と「現実」の間にはギャップがある。そのギャップをいかにして埋めていくか、それも宗教の目指すものの一つだという事を学会員は忘れている。いや、学会員にとっては、「創価学会=絶対的正義」が現実であるから、埋め合わせるギャップなど存在しない。与えられた絶対的思想に逆らわず、理想を追い求めなくなった人は、認知的不協和の起こる本当の現実から目を逸らす事しかできなくなる。

<以下、Aさんのメールより(省略箇所あり)>

私が座右にしている指導集を以下に挙げます。

【1】「希望の明日へ −池田名誉会長スピーチ珠玉集−」
   (聖教新聞社、1995年)
【2】「輝きの人間世紀へ −御書とその心−」(聖教新聞社、2003年)

上記の本は、折々の指導を様々な角度で分けて編集してあり、検索しやすいものになっています。私の年代の特に学生部経験者は必携の本と思われます。

例えば、【1】のP421「生活」の章では、

「信仰したからといって、決して、何か特別な姿になるわけではない
まして奇異な行動などあってはならない
学会員はどこまでも社会人であり、一市民である。ゆえに自分自身の仕事と生活を大切にしていただきたい。
また家庭を大切に、そして隣人を大切にしていただきたい。良き市民とし、良き国民として、この現実の社会の中で、模範の人間道を歩み通してほしい。
“正しい信心”による“正しい生活”を――。平成1.5.23」

とあります。
ごく当たり前の内容であり、なかなかできてない内容でもあります。

【2】のP354「信心即生活」の章では、

「家庭でも、職場でも、地域でも、人々から信頼され、尊敬され、好かれ、人々のために必要であり、欠かせない人になっていくことが、正法の信仰の証であり、広宣流布の前進なのである。

日蓮大聖人は、四条金吾に対して、こう教えられている。
『四条金吾は、主君の御ためにも、世間に対する心がけも立派である、立派であると鎌倉の人々から言われるようになりなさい』と。

当時、四条金吾は、讒言されて主君からうとまれ、所領を取り上げられるなど、苦難の最中にあった。大聖人は、苦境にあっても嘆くことなく、自己を磨き、人間として成長することこそ、真実の人間の生き方であり、仏法者の道である、と教えられているのである。

世間から、いわれのない批判や圧迫がなされたとしても、紛動されることなく、人間としての正しい生き方を貫いていく。その人は、最後には、必ず人々の賞賛と尊敬を勝ち得ることができる。――1993.2.10」

とあります。

周りから信頼されてこその信仰者でなければならないんだと思われます。

(以上、Aさんのメールより)
posted by ミル1000 at 14:52| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

「言」と「動」の間にある溝

2007年5月13日 星陵会館において、人権団体アムネスティやワールドピースナウ、各種ボランティア団体、様々なジャーナリストが参加して行われたもの。
現役学会員による、公明党の政策(共謀罪)に反対する集会の模様。
全面的に賛同するものではないが、興味深いと思う。

池田大作なき後の共謀罪 1/4(YuTube)

>創価学会は、基本的に言ってる事は素晴らしい。誰でも賛同できる事を言っているが、残念ながらやっている事は違う。
>小選挙区制の導入で、どちらかの政党に付かなければ選挙に勝てなくなった。そこから公明党の2枚舌が始まった。

池田大作なき後の共謀罪 2/4(YuTube)

>弱者の気持ちを代弁してきたのが創価学会(公明党)であったはずだが、現在の福祉・年金政策など、弱いもの苛めの党になっている。
>師匠の恩を仇で返す公明党の政策(共謀罪)を池田名誉会長は知っているのか?

池田大作なき後の共謀罪 3/4(YuTube)

>選挙行為自体が宗教行為になっている。非常に短絡的発想で、政治家、政策を見て支持を決める普通のあり方が成り立っていない。
>自分で努力しない、勉強しない状態で突っ走っている現状が、現在の得票数に繋がっている。
>創価学会(公明党)は、本来の哲学に戻るべき。
>池田名誉会長が亡くなった後に大混乱になるのではないか。

池田大作なき後の共謀罪 4/4(YuTube)

>若い世代は、自分の目で政治を監視することができていない。
>公明党は、公に明るくない。やってる事は無茶苦茶だ。
>創価学会員の中に、賛同者は少ない。学会員は、考えと行動が一致していない。集団主義。全体主義。
>時代の変化に対応しきれていないのが、最大の問題。
>一人では何もできないと思わずに、何とかしなきゃという気持ちで行動してほしい。
  
posted by ミル1000 at 10:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 公明党・政治関連