2009年07月07日

公明党って一体・・・ vol.2

公明幹部「体を張って止める」 敵基地攻撃と船舶検査新法

公明党幹部は3日、記者団に対し、北朝鮮の核実験実施に関連、自民党が北朝鮮籍船舶への貨物検査を行う新法と、敵基地攻撃能力の保有を検討していることについて、「自民党が進めるということになれば、うちは体を張って止めることになるだろう」と述べ、両方に反対する考えを示した。
さらにこの幹部は、敵基地攻撃論について「『日本人が1人死ぬまでは何もできないというのはどういうことだ』という世論になると大変だ。冷静な判断をすべきだ」と述べた。

(2009/6/3 産経新聞)

北朝鮮による核実験、ミサイル発射が相次ぐ中、一体全体、公明党は「体を張って」何を守ろうと言うのか?

北朝鮮が、「核爆弾も長距離ミサイルも、日本には打ち込まないでね」と言って通じる国だと思っているのだろうか?
日本が、現実に核の脅威に晒されている今、具体的な防衛策を講じる必要があるのは、火を見るより明らかではないか。

なぜ、敵基地攻撃を体を張って止める必要があるのか?

なぜ、船舶検査新法を阻止する必要があるのか?

なぜ、『日本人が1人死ぬまでは何もできないというのはどういうことだ』という世論になるとマズイのか?

公明党を支持する創価学会員は、当然、その趣旨を理解している事と思う。是非、納得のいく説明をしてほしい。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*

今日のニュース公明党に・・・

与党プロジェクトチーム 「北」貨物検査法案を了承
自民、公明両党の「与党・北朝鮮の貨物検査に関するプロジェクトチーム」(PT、公明党座長=佐藤茂樹衆院議員)は6日、衆院第1議員会館で会合を開き、「北朝鮮特定貨物の検査等に関する特別措置法案」を了承した。きょう7日に閣議決定し、国会提出する見通し。
(2009/7/7 ニュース公明党)

体張るの、やめたんだ・・・。
明日もう少し詳しく調べてみることにする。
  
posted by ミル1000 at 15:10| Comment(5) | TrackBack(0) | 公明党・政治関連