2009年07月05日

クラシックな休日

下に紹介する2曲は、世界に数人しかいないと言われるソプラニスタ(男性ソプラノ)岡本知高の歌声。
『もののけ姫』で一躍有名になった米良美一はカウンターテナー歌手。
ソプラニスタである岡本知高は、カウンターテナーより更に高い音域を地声で歌いこなすことができる。
天性の類まれない歌声、まさに神に与えられたものだと感じる。

るんるん 翼をください

 今 私の願い事が叶うならば 翼がほしい
  この背中に鳥の様に 白い翼つけてください

 この大空に翼を広げ 飛んでゆきたいよ
  哀しみのない自由な空へ 翼はためかせ ゆきたい

るんるん LASCIA CHIO PIANGA

邦題:『私を泣かせてください』(『涙のアリア』)
ヘンデルのオペラ「リナルド(RINALDO)」第2幕のアリア。
クラシックに興味のない方でも、一度は聴いた事があるのではないだろうか。

映画 『カストラート』のラストに、この曲が登場する。

るんるん 映画 『カストラート』より (YuTube)

「カストラート(castrato)」は、中世ヨーロッパに普及した去勢された男性歌手で、声変わりしていないボーイソプラノの声質と成人男性の肺活量を合わせ持った歌手のこと。その声の強い響き、声の持続力、広い音域は、少年や女性歌手には再現できない魅惑的なものであったが、1903年ローマ教皇によって禁止され、現代には存在しない。

映画の中のカストラートの声は、カウンターテナーとソプラニストの声を合成して再現されている。これまた、すばらしい。

ちなみに、映像の終盤、カストラートの声の魅力にやられて、カツラを毟り取り息も絶え絶えになっているのがヘンデルだ。

岡村知高に話を戻すが、奇怪なファッションセンスを持った人物で、ビジュアル的には、感動よりも笑いを誘う。
さて、この御仁、先日油断して目にしてしまった創価大学提供の短いTV番組に出演し、

「翼をください」 ♪今 冨とか名誉ならいらないけど 翼がほしい♪

を、美しい声で歌っていた。
フフフ・・・。創価にぴったりの歌ではないか。 ん??待てよ・・・。
あいや〜。創価学会員だったのかぁ。。。
  
posted by ミル1000 at 16:03| Comment(2) | TrackBack(0) | Songs in my Heart