2009年04月21日

選挙日は創価の都合?

久々に彼に会った。
3時間程、車の中で話をしたが、学会については何も話さなかった。
今までの様に、闇雲に正論を並べ立てても、彼を傷付けるだけで何も解決しない。
しばらく距離をおいてみようと思う。
そして、先の事は分からないが、今出来る事を続けていこうと思う。


さて、公明党が「解散総選挙」の時期を学会都合に合わせようと躍起になっている。

「8月解散」公明流布 首相の真意は?(4月21日 産経新聞)

首相、公明代表と極秘会談=太田氏が解散日程で要請
 (4月17日 時事通信)

学会にとって、選挙活動は今や組織を結束させる唯一のイベントと言える。
だが、夏の猛暑の中、資金・時間・労力を強いられる重要な選挙が続く
ことは、学会員にとって大きな負担となる事は間違いない。
その上に公明党の敗戦が重なれば、さすがに内部からも疲弊感と不満が溢れてくるのではないだろうか。

<参考>(『博士の独り言』より)
創価「同日は避けて」か
創価「同日選挙は困るの」か

矢野絢也氏が指摘している様に、公明党候補者が創価学会の会館を無償で選挙活動に使用している事は、明らかな政教一致と考えられる。
私の実家には、選挙の度に学会員が手土産を持って訪れる。
この様な戸別訪問にも、今後は適切に対応しなければならないと思っている。

----------------------------------------------------------------

『公職選挙法』 (戸別訪問)第138条 

何人も、選挙に関し、投票を得若しくは得しめ又は得しめない目的をもつて戸別訪問をすることができない。

いかなる方法をもつてするを問わず、選挙運動のため、戸別に、演説会の開催若しくは演説を行うことについて告知をする行為又は特定の候補者の氏名若しくは政党その他の政治団体の名称を言いあるく行為は、前項に規定する禁止行為に該当するものとみなす。

posted by ミル1000 at 20:01| Comment(8) | TrackBack(0) | 公明党・政治関連