2009年04月10日

アンチの一票が学会票を崩す

今日は、『黒い手帖』にある「都議選が国政選挙より重い理由」について記しておこうと思う。

私の拙い文章では不十分なので、先に、詳しい解説のあるブログ
博士の独り言」をご紹介する。 是非ご一読頂きたい。

『黒い手帖』によると、創価学会・公明党にとって、都議選は国政選挙に匹敵する特別な位置づけになっている。
警視庁など行政への影響力を常に保持し、首都圏で権力を持つことは、池田氏と組織を守る上で大きなメリットがあり、必要不可欠だからだ。

宗教法人資格に関する権限が地方自治体に帰属していた頃から、東京はどこよりも重要な戦略的な地域であり、今でも、国政より行政の現場と直結している都政の方が重要な位置づけになっている。

そのため、都議選があると、創価学会は「都議選支援の全国作戦」を
展開し、全国各地から学会員を上京させる。
しかし、総選挙と都議選が同日実施となると、都議選支援の一方で、地元の活動が十分に行えなくなってしまう。


公明党が総選挙を急ぐ背景には、学会の都議選運動に支障が出るのを避けたい事情があるのだ。
解散総選挙の時期が、学会の都合という政治とは別の次元で左右されているわけだ。

公明党も、自民党も創価学会の協力なくして単独で選挙を闘うことができない。
「学会票は麻薬だ」という指摘がある。
自民党議員の中には、学会票に依存すればする程、独自の基礎票を
減らし、結果、学会票を上積みしても当選ラインに届かなくなってしまう
危険性が現実のものとなりつつある。

加えて、国民の政治への関心が高まり投票率がアップすれば、当選
ラインの票数も底上げされる。
投票率が5%上がっただけでも、学会票の重みは格段に軽くなるのだ。

次の総選挙で、公明党の党勢が大幅に低下すれば、
超党派有志による矢野氏らの国会参考人招致、ひいては
「池田大作国会喚問」の実現性が高まってくる。


参考:『黒い手帖』矢野絢也著、ブログ「博士の独り言」


斯く言う私も、進んで投票に赴く人間ではなかったが、今回の選挙には大いなる関心を寄せ、公明党・創価学会の今後に注目したい。

ブログをお読み頂いている皆さま、私達の一票一票が創価学会にいかなる影響を及ぼすのか、見守っていきましょう!
posted by ミル1000 at 14:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 公明党・政治関連

ダンマパダ−ブッタ 真理のことば

最古の原始仏典『ダンマパダ』より

danmapada.jpg


三. 「かれは、われを罵った。かれは、われを害した。かれは、われにうち勝った。かれは、われから強奪した。」という思いをいだく人には、怨みはついに息むことがない。


七四. 「これは、わたしのしたことである。在家の人々も出家した修行者たちも、ともにこのことを知れよ。およそなすべきこととなすべからざることとについては、わたしの意に従え」−
愚かなものはこのように思う。こうして欲求と高慢とがたかまる。


七五. 一つは利得に達する道であり、他の一つは安らぎにいたる道である。ブッダの弟子である修行僧はこのことわりを知って、栄誉を喜ぶな。孤独の境地にはげめ。


八一. 一つの岩の塊りが風に揺がないように、賢者は非難と賞賛とに動じない。


一三三. 荒々しいことばを言うな。言われた人々は汝に言い返すであろう。怒りを含んだことばは苦痛である。報復が汝の身に至るであろう。


一六〇. 自己こそ自分の主である。他人がどうして(自分の)主であろうか?自己をよくととのえたならば、得難き主を得る。


二〇一. 勝利から怨みが起る。敗れた人は苦しんで臥す。勝敗をすてて、やすらぎに帰した人は、安らかに臥す。


二〇六. いつわりを語る人、あるいは自分がしておきながら「わたしはしませんでした」と言う人、−この両者は死後にはひとしくなる、− 来世では行いの下劣な業をもった人々なのであるから。


Wikipedia:法句経
posted by ミル1000 at 12:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍紹介