2009年04月03日

黒い手帖 矢野絢也著

昨日から『黒い手帖 創価学会「日本占領計画」の全記録』
(矢野絢也著 講談社) を読んでいる。

kuroitechou.jpg

矢野氏が逆転勝訴した裁判の争点になっている「手帖」について、ご本人が書き記している。

参考までに、目次を記しておく。(詳細な目次は、文末に記載)

 ▼まえがき 池田大作名誉会長による独裁国家の建設
 ▼序章   私はなぜ創価学会に反旗を翻したが
 ▼第1章  黒い手帖の極秘メモ
 ▼第2章  手帖強奪
 ▼第3章  創価学会の卑劣な違法行為
 ▼第4章  カルト化する「池田教」
 ▼第5章  創価学会に完全支配される公明党
 ▼第6章  宗教政党の罪
 ▼第7章  池田名誉会長の野望
 ▼第8章  日本占領計画


現在、1/3程度を読んだところだが、創価学会問題に関心のある方
(学会員、非学会員共に)には、是非読んでほしいと思う。

創価学会問題に関心のない方も、他人事と思わずに手に取ってほしい。

私自身、彼に会うまでは「創価学会」というものに何の興味もなかった。
学会についての知識はゼロに等しかった。

一般人は、3ヶ月前の私と同じ様に、関わり合いになるのを極力避け、
無関心である人が多いと思う。
テレビも新聞も、ごく一部を除いて、学会問題を取り上げるメディアはなく、無関心でいれば、その情報が目に入ることも耳に届くこともない。

そういう社会の無関心の中で、創価学会は温存されているのかもしれない。

たった3ヶ月の間に、私は創価学会に関する問題が、日本の社会でいかに重要なものであるかを感じている。

「知らぬ存ぜぬ」で済まされる事ではない、と思う。
社会の一員の責任として、ひとりでも多くの人に、学会問題について考察を深めてほしいと思う。

完読後、重要だと思われる箇所は、随時紹介していこうと思う。

人気ブログランキングへ
↑ 創価学会問題を多くの国民に知らせるためにクリックお願いします

『黒い手帖』 目次の詳細
posted by ミル1000 at 13:15| Comment(9) | TrackBack(0) | 書籍紹介

矢野絢也氏 逆転勝訴

昨年5月に創価学会を脱会した、矢野公明党元委員長の逆転勝訴は、創価学会にとって、そして社会にとっても大きな意味を持つ判決だった。
より多くの人に、この事件に、学会問題に関心を持ってほしいと思います。

週刊現代が逆転勝訴 公明党幹部の「メモ」持ち去り報道(朝日新聞)

公明党幹部だった元参院議員ら3人が、矢野絢也・元同党委員長の自宅から手帳を持ち去ったとの「週刊現代」の記事で名誉を傷つけられたとして、損害賠償などを求めた訴訟の控訴審判決が27日、東京高裁であった。

南敏文裁判長は3人が矢野氏を脅迫して手帳などを提出させた上、自宅に上がり込んでほかの資料も捜したと認定。
発行元の講談社などに計660万円の支払いを命じた一審・東京地裁判決を取り消し、3人の請求を棄却した。3人は即日上告した。

また判決は、反訴した矢野氏側の請求を認め、持ち去った手帳などを矢野氏に引き渡し、プライバシー侵害の慰謝料として計300万円を支払うよう3人に命じた。

訴えていた元幹部は、元参院議員の黒柳明氏と大川清幸氏、元衆院議員の伏木和雄氏の3人。
創価学会や同党に関する矢野氏の「極秘メモ」を持ち去ったとの同誌報道について「手帳を強奪した事実はない」と主張していた。

判決は、3人が05年5月、4回にわたり矢野氏の自宅を訪れ、要求を拒めば創価学会や公明党員が危害を加える恐れがあると脅迫していたと指摘。
矢野氏はやむなく手帳などを引き渡したが、3人はさらに矢野氏宅の本棚や引き出しなどを開けたと認めた。

3人は代理人弁護士を通じて「全く真実を無視した信じられない不当な判決。勝訴まで断固戦う」とのコメントを出した。

講談社は「記事の正当性を認めた極めて妥当な判決だ」とのコメントを出した。

矢野絢也氏:「手帳持ち去り」で逆転勝訴…東京高裁判決(毎日新聞)

矢野氏側が逆転勝訴、「手帳持ち去り」認める…東京高裁(読売新聞)

28日の聖教新聞にも、小記事ながら「不当判決」として掲載されている。


矢野氏は、2008年5月、名誉毀損で創価学会を提訴している。

2008-6 特集/矢野絢也元公明党委員長が造反(FORUM21)

矢野絢也 元公明党委員長が創価学会を提訴(YouTube)
posted by ミル1000 at 12:34| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記