2009年04月02日

学会役員サンに会う (3)

昨日、Aさんに、長時間お付き合い頂いたお礼のメールを送った。
お礼にかこつけて、こんな事を書いた。

 最終的には【まる】(彼)個人の責任ですが、彼の様な人間は、
 学会にとって、ある意味いい駒なのでしょうね。
 Aさんにとっても、実際問題そうなのかもしれない、と思います。

Aさんに「彼を利用していないか?」と、今一度問いかけたつもりだ。

Aさんの返信には

 言葉ではなく、行動として正しいのかどうか、
 常に問いながら進んで行きたいと思います。

と書かれてあった。

どんなに小さな声でもいいと思う。
変わろうとする強い意志は、必ず組織の中に根付いていくと思う。
巨大な組織に、ひとりの力は及ばないかもしれないが、
それは決して「無」ではない。
  
posted by ミル1000 at 14:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 学会訪問記録